「舞踏会」の版間の差分

編集の要約なし
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
 
宮廷で催される舞踏会を[[宮廷舞踏会]]という。[[17世紀]]から[[18世紀]]にかけて、宮廷舞踏会はヨーロッパ諸国の宮廷で典礼、儀式などの機会に開催された。こうした場でのダンスは[[社交界]]に必須のものとして[[イギリス]]で[[社交ダンス]]として大成された。
 
参加者は[[燕尾服]]や[[イブニングドレス]]などの夜会服を着て舞踏会に参加する。招待の際にはホワイトタイ(正式な[[礼服]]、男性は[[燕尾服]]・女性は[[ボールガウン]])やブラックタイ(準礼服、[[タキシード]]等)の[[ドレスコード]]が指定される。[[オーストリア]]で行われる[[ヨーロッパ]]で最も格式高い[[ダンスパーティー]]の一つである[[オーパンバル]]と呼ばれる舞踏会では、女性は純白の[[イブニングドレス]]に白の[[オペラグローブ]]の着用が義務付けられている<ref>[{{Cite web|url=https://www.wiener-staatsoper.at/en/staatsoper/vienna-opera-ball/make-your-debut/ |title=Make Your Debut At The Vienna Opera Ball-Dresscode]|website=wiener-staatsoper.at|language=en|access-date=9 November 2019}}</ref>。
 
== 舞踏会の種類 ==