「慣性航法装置」の版間の差分

本装置の原理は、[[加速度計]]で検出する[[加速度]]を積分することで[[速度]]を、速度を積分することで[[距離]]を求める一方、[[ジャイロスコープ|ジャイロ]]で[[方位|方角]]を検知し、移動距離と方角の[[空間ベクトル|ベクトル]]を細分点ごとに合成してゆくことにより、起点からの移動距離を算出する。起点の静止位置を入力すれば、移動し始めても自機の位置と速度を常に計算して把握できる。
 
悪天候や[[ジャミング|電波妨害]]の影響を受けないという長所を持つが、長い距離を移動すると誤差が累積されて大きくなるという特徴があるので、[[グローバル・ポジショニング・システム|GPS]]や[[距離測定装置]]、[[超短波全方向式無線標識]]などによる補正を加えて使用することが多い。[[ドップラー・レーダー]]航法装置、[[無指向性無線標識]]、[[天測航法]]などを補助的に使用することもある。
 
構造としては、機械式ジャイロを使用した安定台(プラットホーム)の上に加速度計が設置されている構造となっており、それにより方角と加速度を検出し、それらを内蔵されたコンピュータが自動で連続的に計算することにより、速度、現在位置、進行方向などの航法上必要な情報を出力する。また、安定台に使用されている機械式ジャイロをレーザジャイロ<ref>機械式ジャイロに比べて作動範囲が非常に広く、角速度入力とその出力との関係の直進性が非常に良い。</ref>に置き換え、ジャイロの機械的な回転部分と安定台を無くし、機械式ジャイロで使用されている[[ジンバル]]による加速度への影響を受けることなく、重量、体積、消費電力を改善したストラップ・ダウン方式<ref>レーザジャイロと加速度計を直接機体にくくり付けて、局地的な水平(安定台)をコンピュータ内において計算上で作り、レーザジャイロと加速度計からの出力を、計算上で作られた局地的水平によって、局地的水平に関する成分に換算することにより、航法計算及び姿勢指示を行う方式。</ref>の慣性基準装置(IRS)が航空機において開発されている。