「Catamorphism」の版間の差分

m
m (表記ゆれの修正: Catamorphisms -> Catamorphism)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
ここで、<code>foldTree (''f'', ''g'')</code> は[[抽象データ型|データ型]]<code>Tree ''a''</code> の''catamorphism''で、 <code>treeDepth</code> と<code>sumTree</code> は''代数''と呼ばれる。
 
== [[圏論]]における Catamorphism ==
 
[[圏論]]は、全ての始データ型を記述する一般的な定義を与えるために必要な概念を提供する(関数型プログラミングにおける関数を[[圏|集合の圏]]や関連した具体的な圏の[[射_(圏論)|射]]と同一視することによって)。これはGrant Malcolmによって行われた。<ref>{{Citation |last=Malcolm |first=Grant |year=1990 |title=Algebraic types and program transformation |format=Ph.D. Thesis |publisher=University of Groningen}}.</ref><ref>{{Citation |last=Malcolm |first=Grant |year=1990 |title=Data structures and program transformation |periodical=Science of Computer Programming |volume=14 |issue=2-3 |pages=255–279 |doi=10.1016/0167-6423(90)90023-7}}.</ref>.