「景行天皇」の版間の差分

埋葬は不適切(白鳥になった?)
(ヤマトタケル関連の訂正。景行天皇や成務天皇も崩御年と葬儀年は異なる)
(埋葬は不適切(白鳥になった?))
活目天皇([[垂仁天皇]])の第3皇子、母は[[日葉酢媛命]](ひばすひめのみこと)。垂仁天皇37年1月1日に21歳で[[立太子]]。
 
父帝が崩御した翌年に即位。即位2年、3月3日に[[播磨稲日大郎姫]]を皇后とした。皇后との間には[[大碓皇子]]、[[ヤマトタケル|小碓尊]]らを得ている。即位4年、[[美濃国]]に行幸。[[八坂入媛命]]を妃として[[成務天皇|稚足彦尊]](成務天皇)、[[五百城入彦皇子]]らを得た。即位12年、[[九州]]に親征して[[熊襲]]・[[土蜘蛛]]を征伐<ref name=kadowaki192/>。即位27年、[[熊襲]]が再叛すると小碓尊(16歳)を遣わして[[川上梟帥]]を討たせた<ref name=kadowaki192/>。即位40年、前もって[[武内宿禰]]に視察させた東国の[[蝦夷]]平定を小碓尊改め日本武尊に命じた<ref name=kadowaki192/>。3年後、帰途に[[伊勢国]]能褒野で30歳で逝去した日本武尊を白鳥陵に。即位51年、8月4日に稚足彦尊を立太子。即位52年、5月4日の播磨稲日大郎姫の崩御に伴い7月7日に八坂入媛命を立后。即位53年から54年にかけて日本武尊の事績を確認するため東国巡幸。即位58年、[[近江国]]に行幸し高穴穂宮に滞在すること3年。即位60年、同地で崩御。
 
在位した年代は[[4世紀]]前期から中期の[[大王 (ヤマト王権)|大王]]と推定されるが、諸説ある。