「幸せなひとりぼっち」の版間の差分

m
m (bot: 解消済み仮リンクフレドリック・バックマンを内部リンクに置き換えます)
{{不十分なあらすじ|date=2018年1月}}
最愛の妻ソーニャを亡くしたばかりの59歳の男オーヴェは、口うるさい偏屈な老人として近所から煙たがられている存在である。ある日、43年勤め続けた鉄道会社をクビになったオーヴェは、生きる希望を失い、首をつって死のうとするが、向かいに越してきた[[イラン人]]女性パルヴァネとその家族の騒々しさに自殺を邪魔をされてしまう。以降も、陽気な彼女の遠慮のない言動に何度も自殺を邪魔されたオーヴェは彼女の存在を疎ましく思うが、彼女とその家族と接するうちに徐々に心境に変化が生まれてくる。その一方で、オーヴェは幼い日の亡き父との慎ましくも穏やかだった生活や若き日のソーニャとの運命的な出会い、彼女との幸せな日々、そして2人に起きた悲劇を思い出す。
 
悲しみや孤独の先にある、煩わしくも幸福な人生模様。
 
== キャスト ==
35

回編集