「伝令」の版間の差分

m
微修正
m (加筆)
m (微修正)
[[軍事通信]]において、[[電気]]による[[通信]]が発達する以前は人間が走ることで連絡が伝えられた。英語では Runner と呼ばれる。有名な人間としては、[[マラソン]]の語源ともなった[[マラトン]]から[[アテナイ]]まで勝敗の結果を伝えるために走った{{ill2|ピリッピデス|en|Pheidippides}}などがいる。
 
[[ボーア戦争]]中にマフェキングの包囲戦と呼ばれる英国人側が包囲される戦いにおいて、後に[[スカウト運動]]([[ボーイスカウト]]、[[ガールスカウト]])で年少兵の軍事者に訓練を行う[[ロバート・ベーデン=パウエル]]が指揮を執り、年少兵に伝令役を割り振った。戦後の1908年にベーデンが執筆した本には、包囲された都市への伝令を想定したサバイバルゲームについての記述がある<ref>Robert Baden-Powell: ''Scouting for Boys''. H. Cox, London 1908, S. 205&nbsp;f. (Nachdruck Courier, 2007, ISBN 978-0-486-45719-2)</ref>
 
[[第一次世界大戦]]では{{ill2|野戦電話|en|Field telephone}} も使われたが電話線がつながってなければ使えず。砲撃などにより切断される信頼性の低いもので、信頼度の高い連絡には伝令が走ることとなった。ただ伝令の損耗も激しかった。
 
機甲化した部隊が主力になった[[第二次世界大戦]]になると、バイクや馬に乗った伝令兵{{ill2|デスパッチライダー|en|Despatch rider}}でも戦場の変化に追いつけなくなっていった。そのため戦場では[[無線機]]が主要な通信方法となっていった。
 
=== 装備 ===
* ライフル([[Gew98]])、もしくは拳銃などの軽装備
* 地図、コンパス、双眼鏡、場所を書き示したメモ、水筒、メッセンジャーバッグ
* 乗り物として、バイク・馬・ラクダなど
* [[伝書鳩]]
 
=== 伝令を扱った作品 ===
 
;規則
伝令が使えるのは一試合3回までで、延長した場合は延長前の伝令回数とは関係なく1イニング1回まで行える<ref name=jhbf/>。攻撃側では攻撃側の責任ではない選手の怪我や選手交代の際の伝令はカウントされない<ref name=jhbf/>。相手のタイムの最中ならカウントされずに伝令が行えるが、相手のタイムが終わった後も伝令がマウント上にいる場合は伝令回数にカウントされる。
 
{{節スタブ}}
==関連項目==
* [[駅伝制]] - 勝敗の情報などの迅速な連絡のために、馬を待機させた駅を置いて、疲れた馬を交換しながら進むなどが行われた。とくに急ぎの悪い内容を伝える場合は、槍に羽根をつけた目印を身に着け迅速な移動を行うようにしていた。
* [[矢文]]
* [[狼煙]]
* [[伝書鳩]]
* [[ビューグル]](号音ラッパ)、{{ill2|ビューグルコール|en|Bugle call}}、[[法螺貝]]