「喜茂別駅」の版間の差分

出典追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(出典追加)
 
|駅構造 = [[地上駅]]
|ホーム = 2面2線
|開業年月日 = [[1928年]]([[昭和]]3年)[[10月21日]]<ref name="停車場">{{Cite book|和書|author=石野哲(編)|title=停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ|publisher=[[JTB]]|year=1998|isbn=978-4-533-02980-6|page=859}}</ref>
|廃止年月日 = [[1986年]]([[昭和]]61年)[[11月1日]]<ref name="官報86">{{Cite news |title=日本国有鉄道公示第109号 |newspaper=[[官報]] |date=1986-10-14 }}</ref>
|乗車人員 =
|乗降人員 =
[[ファイル:Kimobetsu eki.jpg|right|thumb|1976年の喜茂別駅と周囲約1km範囲。下が伊達紋別方面。駅裏側から右斜め下方向へ初代喜茂別駅への軌道跡が道に転用されて残されている。初代喜茂別駅は右端近くの木工所の下側にあった。当時の駅前広場がそのまま残されている。{{国土航空写真}}]]
 
'''喜茂別駅'''(きもべつえき)は、[[北海道]]([[後志支庁]])[[虻田郡]][[喜茂別町]]字喜茂別にかつて置かれていた、[[日本国有鉄道]](国鉄)[[胆振線]]の[[鉄道駅|駅]]([[廃駅]])である。[[電報略号 (鉄道)|電報略号]]は'''キヘ'''。胆振線の[[廃線]]に伴い、[[1986年]](昭和61年)[[11月1日]]に廃駅となった{{R|官報86}}
 
[[1980年]](昭和55年)9月まで運行されていた、[[急行列車|急行]]「[[胆振線#急行「いぶり」|いぶり]]」の停車駅であった。
喜茂別駅を称した駅は、2つ存在した。ひとつは[[胆振鉄道]]が開業した際に[[終着駅]]として設置した喜茂別駅(初代)。もうひとつは胆振鉄道を合併した[[胆振縦貫鉄道]]が、伊達紋別方面に路線を延長する際に、喜茂別駅(初代)と留産駅の間に新設した'''西喜茂別駅'''(にしきもべつえき)を国有化時に改称した2代目駅である。胆振縦貫鉄道開業後は、西喜茂別駅 - 喜茂別駅(初代)間は[[貨物線|貨物支線]](キロ程0.7km)となっていたが、国有化の際に喜茂別駅(初代)は旧・西喜茂別駅構内に併合され、廃止となった。
 
* [[1928年]](昭和3年)[[10月21日]] - '''胆振鉄道'''京極駅 - 喜茂別駅(初代)間開通に伴い、開業。[[日本の鉄道駅#一般駅|一般駅]]{{R|停車場}}
* [[1938年]](昭和13年) - 喜茂別駅(初代)-字福島の[[日鉄鉱業]]上喜茂別鉱山間に、[[専用鉄道]]6.6kmが開通<ref>輪西製鉄所向け鉄鉱石搬出。日鉄鉱業40年史 昭和54年11月発行 P579-580 では、昭和12年12月上喜茂別鉱山買収及び専用線敷設開始、昭和13年12月上喜茂別鉱山生産開始となっていて、この間に開通したと見られる。一方、喜茂別町史 昭和44年8月発行 P955では、1940年(昭和15年)9月に開通と記述。</ref>。
* [[1940年]](昭和15年)10月 - 上喜茂別鉱山専用鉄道を胆振開発(株)へ貸与し、運用を一元化<ref>日鉄鉱業40年史 昭和54年11月発行 P29。</ref>。
** [[9月27日]] - 胆振鉄道が'''胆振縦貫鉄道'''に譲渡(合併)される。それに伴い、同鉄道の駅となる。
** [[10月12日]] - 胆振縦貫鉄道徳舜瞥駅(後の新大滝駅) - 西喜茂別駅間延伸開通(西喜茂別駅新設)。同時に喜茂別駅(初代)は貨物駅となり、西喜茂別駅 - 喜茂別駅(初代)間は貨物支線となる。
* [[1944年]](昭和19年)[[7月1日]] - 胆振縦貫鉄道が[[戦時買収私鉄|戦時買収]]により国有化され{{R|停車場}}、路線名を'''胆振線'''に改称。それに伴い、同線の駅となる。喜茂別駅(初代)及び貨物支線を西喜茂別駅構内に併合(喜茂別駅(初代)を廃止)し、西喜茂別駅を喜茂別駅(2代目)に改称{{R|停車場}}
* [[1957年]](昭和32年)以降 - 日鉄鉱業喜茂別鉱山専用鉄道撤去<ref>喜茂別鉱山は昭和28年に休山。専用鉄道は昭和32年版全国専用線一覧にまだ記載されているが、同39年版からは外されている。</ref>。
* [[1980年]](昭和55年)[[5月15日]] - 貨物の取り扱いを廃止。
* 時期不詳<ref group="注" name="ekimei">1981年(昭和56年)4月時点では業務委託駅であった(書籍『コロタン文庫36 国鉄駅名全百科 56.4訂補版』([[小学館]]、[[1981年]][[10月]]発行)60ページより)。</ref> - [[日本の鉄道駅#業務委託駅|業務委託]]化。
* [[1984年]](昭和59年)[[2月1日]] - [[チッキ|荷物]]の取り扱いを廃止{{R|官報86}}{{R|停車場}}
* [[1986年]](昭和61年)[[11月1日]] - 胆振線の全線廃止に伴い、廃駅となる。