「南京極駅」の版間の差分

出典追加
m (→‎駅名の由来: {{節stub}}を{{節スタブ}}に変更 using AWB)
(出典追加)
 
|駅構造 = [[地上駅]]
|ホーム = 1面1線
|開業年月日 = [[1928年]]([[昭和]]3年)[[10月21日]]<ref name="停車場">{{Cite book|和書|author=石野哲(編)|title=停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ|publisher=[[JTB]]|year=1998|isbn=978-4-533-02980-6|page=859}}</ref>
|廃止年月日 = [[1986年]]([[昭和]]61年)[[11月1日]]<ref name="官報86">{{Cite news |title=日本国有鉄道公示第109号 |newspaper=[[官報]] |date=1986-10-14 }}</ref>
|乗車人員 =
|乗降人員 =
|統計年度 =
|乗換 =
|備考 = 胆振線廃線に伴い廃駅{{R|停車場}}
}}
[[ファイル:MinamiKyogoku eki.jpg|right|thumb|1976年の南京極駅と周囲約500m範囲。下が伊達紋別方面。{{国土航空写真}}]]
 
'''南京極駅'''(みなみきょうごくえき)は、[[北海道]]([[後志支庁]])[[虻田郡]][[京極町]]字更進にかつて設置されていた、[[日本国有鉄道]](国鉄)[[胆振線]]の[[鉄道駅|駅]]([[廃駅]])である。[[電報略号 (鉄道)|電報略号]]は'''ミキ'''。胆振線の[[廃線]]に伴い、[[1986年]](昭和61年)[[11月1日]]に廃駅となった{{R|官報86}}
 
== 駅構造 ==
 
== 歴史 ==
* [[1928年]](昭和3年)[[10月21日]] - '''胆振鉄道'''京極駅 - 喜茂別駅(初代)間開通に伴い、'''川上温泉停留場'''(かわかみおんせんていりゅうじょう)として開業{{R|停車場}}。旅客のみ取り扱い{{R|停車場}}
* [[1941年]](昭和16年)[[9月27日]] - 胆振鉄道が'''[[胆振縦貫鉄道]]'''に譲渡(合併)される。それに伴い、同鉄道の駅となる。
* [[1944年]](昭和19年)[[7月1日]] - 胆振縦貫鉄道が[[戦時買収私鉄|戦時買収]]により国有化され、路線名を'''胆振線'''に改称し、同時に駅に昇格{{R|停車場}}。それに伴い、同線の'''南京極駅'''となる{{R|停車場}}。同時に[[日本の鉄道駅#一般駅|一般駅]]化{{R|停車場}}
* [[1961年]](昭和36年)[[4月1日]] - 業務委託駅化<ref name="choshi">京極町史 昭和52年3月発行 P825-826。</ref>。
* [[1971年]](昭和46年)[[10月1日]] - 無人([[日本の鉄道駅#簡易委託駅|簡易委託]])化<ref name="choshi"/>。
* [[1986年]](昭和61年)[[11月1日]] - 胆振線の全線廃止に伴い、廃駅となる{{R|官報86}}
 
== 駅跡 ==