「脇方駅」の版間の差分

出典追加
m
(出典追加)
 
|駅構造 = [[地上駅]]
|ホーム = 1面1線
|開業年月日 = [[1920年]]([[大正]]9年)[[7月15日]]<ref name="停車場">{{Cite book|和書|author=石野哲(編)|title=停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ|publisher=[[JTB]]|year=1998|isbn=978-4-533-02980-6|page=860}}</ref>
|廃止年月日 = [[1970年]]([[昭和]]45年)[[11月1日]]{{R|停車場}}
|乗車人員 =
|乗降人員 =
|備考 = 脇方鉱山の閉山に伴い廃駅
}}
'''脇方駅'''(わきかたえき)は、[[北海道]][[虻田郡]][[京極町]]字脇方にあった[[日本国有鉄道]](国鉄)[[胆振線]]の[[鉄道駅|駅]]([[廃駅]])である{{R|停車場}}
 
== 駅名の由来 ==
国有鉄道京極[[軽便線]]の[[終着駅]]として開業した駅で、倶知安鉱山から産出する[[鉄鉱石]]の輸送のために設置された駅である。しかし、倶知安鉱山が閉山すると[[輸送量の単位|輸送量]]は[[旅客輸送|客]][[貨物輸送|貨]]ともに激減し、[[1970年]]([[昭和]]45年)に廃駅となった。
 
* [[1920年]](大正9年)[[7月15日]] - 京極軽便線京極 - 当駅間開通により開業{{R|停車場}}。[[一般駅]]{{R|停車場}}
* [[1922年]](大正11年)[[9月2日]] - 京極線に改称。
* [[1948年]](昭和23年)[[5月16日]] - 脇方[[大火]]により類焼。駅舎、[[機関庫]]、[[官舎]]等焼失<ref name="choshi">京極町史 昭和52年3月発行 P828。</ref>。
* [[1949年]](昭和24年)2月 - 駅舎等新築竣工<ref name="choshi"/>。
* [[1969年]](昭和44年)[[10月31日]] - 倶知安鉱山が閉山<ref>日鉄鉱業40年史 昭和54年11月発行 P288-289 及び年表。</ref>。
* [[1970年]](昭和45年)[[11月1日]] - 廃止{{R|停車場}}
 
== 駅周辺 ==