「春日駅 (北海道)」の版間の差分

出典追加
(→‎歴史: 官報)
(出典追加)
 
|駅構造 = [[地上駅]]
|ホーム = 1面1線
|開業年月日 = [[1922年]]([[大正]]11年)[[7月24日]]<ref name="停車場">{{Cite book|和書|author=石野哲(編)|title=停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ|publisher=[[JTB]]|year=1998|isbn=978-4-533-02980-6|page=865}}</ref>
|廃止年月日 = [[1986年]]([[昭和]]61年)[[11月1日]]<ref name="官報86">{{Cite news |title=日本国有鉄道公示第109号 |newspaper=[[官報]] |date=1986-10-14 }}</ref>
|乗車人員 =
|乗降人員 =
|統計年度 =
|乗換 =
|備考 = 富内線廃線に伴い廃駅{{R|停車場}}
}}
[[ファイル:Kasuga(Hokkaido) eki.jpg|right|thumb|1975年の春日駅と周囲約500m範囲。右下側が日高町方面。鵡川寄りにコンクリート製のホームが見え、駅舎側は1983年(昭和58年)には既に日高町側が切られて引込線化されていた<ref name="bunken1983">書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』([[小学館]]、1983年7月発行)106ページより。</ref>。{{国土航空写真}}]]
 
== 歴史 ==
* [[1922年]](大正11年)[[7月24日]] - '''[[北海道鉄道 (2代)|北海道鉱業鉄道]]金山線'''沼ノ端駅 - 生鼈駅(後の旭岡駅)間の開通に伴い、'''萠別停留場'''(もえべつていりゅうじょう)として開業<ref>[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2955167/5 『官報』 1922年09月28日 鉄道省彙報「地方鉄道停留所設置」](国立国会図書館デジタルコレクション)</ref>。旅客のみ取り扱い{{R|停車場}}
* [[1924年]](大正13年)
** [[3月3日]] - 北海道鉱業鉄道が社名を'''北海道鉄道'''(2代目)に改称し、それに伴い同鉄道の停留所となる。
** [[8月22日]] - 駅に昇格、'''萠別駅'''となる{{R|停車場}}。旅客のみ取り扱い。
* [[1943年]](昭和18年)[[8月1日]] - 北海道鉄道が[[戦時買収私鉄|戦時買収]]により国有化され、路線名を'''富内線'''に改称、それに伴い同線の駅となる。同時に'''春日駅'''に改称{{R|停車場}}
* [[1953年]](昭和28年)[[10月1日]] - [[車扱貨物]]の取り扱いを開始し、[[一般駅]]となる{{R|停車場}}
* [[1957年]](昭和32年)[[10月5日]] - [[チッキ|荷物]]の取り扱いを開始{{R|停車場}}
* [[1960年]](昭和35年)[[4月1日]] - [[日本の鉄道駅#業務委託駅|業務委託]]化。
* [[1977年]](昭和52年)[[2月1日]] - 貨物・荷物の取り扱いを廃止{{R|停車場}}
* 時期不詳<ref group="注" name="ekigyoumu">1983年(昭和58年)時点では既に無人駅となっている(書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』([[小学館]]、1983年7月発行)106ページより。)。</ref> -無人駅([[日本の鉄道駅#簡易委託駅|簡易委託]]駅)化(駅前の商店)<ref name="bunken2000H"/>。
* [[1986年]](昭和61年)[[11月1日]] - 富内線の全線廃止に伴い、廃駅となる{{R|官報86}}
 
== 駅構造 ==