「ヤマトタケル」の版間の差分

→‎系譜: 読み、古事記の表記を追加
(宮簀媛を追加)
(→‎系譜: 読み、古事記の表記を追加)
* 一妻(記では名は不詳、旧事本紀では橘媛)
** [[息長田別王]](おきながたわけのみこ、紀なし) - [[河派仲彦王]]の父、[[息長真若中比売]]([[応神天皇]]の妃)の祖父、[[稚野毛二派皇子]]の曽祖父、[[忍坂大中姫]]・[[衣通姫]]の高祖父。阿波君らの祖(旧事本紀)。
* [[宮簀媛]](みやずひめ、美夜受比売) - 系譜には記されず、物語にのみ記される配偶者。[[尾張氏]]の娘。子は無し。
 
『古事記』では、倭建命の曾孫(ひまご)の迦具漏比売命が景行天皇の妃となって[[彦人大兄命|大江王(彦人大兄)]]をもうけるとするなど矛盾があり、このことから景行天皇とヤマトタケルの親子関係に否定的な説がある<ref name="yoshii">[[吉井巌]] 『ヤマトタケル』[[学生社]] 1977年、2004年OD版、ISBN 4311201141</ref>。また、各地へ征討に出る[[雄略天皇]]などと似た事績があることから、[[4世紀]]から[[7世紀]]ごろの数人のヤマトの[[英雄時代|英雄]]を統合した架空の人物という説もある<ref name=yoshii/><ref>[[井上光貞]] 『日本の歴史〈1〉神話から歴史へ』[[中央公論新社]][[[中公文庫]]]、新版[[2005年]]、ISBN 4122045479</ref>。