「ジャガイモ」の版間の差分

m
(112.139.160.176 (会話) による ID:83951727 の版を取り消し、荒らし)
タグ: 取り消し サイズの大幅な増減 メディア追加
日本語の呼び名は様々ある{{Sfn|徳川宗賢|1979|pages={{要ページ番号|date=2019年3月}}}}。「ジャガイモ」という名称{{Efn|あるいは「ジャガイモ」を転じた「ジャイモ」「ジャガライモ」「ジャガタイモ」「ジャガタロ」「ジャガタ」「ジャカタ」「ジャガトライモ」{{Sfn|徳川宗賢|1979|pages={{要ページ番号|date=2019年3月}}}}。}}については、17世紀初めに[[オランダ]]船によって[[ジャワ]]のジャガトラ([[ジャカルタ]]の旧名)から伝来、「ジャガタライモ」と呼ばれたものが転じて「ジャガイモ」になった<ref>{{Cite web|url=https://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_tanken/zyaga/01.html |publisher=農林水産省 |title=ジャガイモ 「どこからきたの?」 |accessdate=2018-04-18}}</ref><ref name="hoj">{{Harvnb|伊藤章治|2008}}</ref>{{sfn|講談社編|2013|p=177}}。異説もあり、[[ジャワ島]]の芋の意味のジャワイモが変化したもの<ref name="n1948">『爪哇芋渡来三百五十年記念事業趣意書』(長崎県、1948年)</ref>、[[天保の大飢饉]]ではジャガイモのおかげで[[餓死]]を免れたことから呼称された「御助芋」が転じたもの<ref name="n1948"/> という仮説がある。
 
別名で「馬鈴薯」(ばれいしょ)という呼び名{{Efn|あるいは「馬鈴薯」を転じた「バレンショ」「バレーチョ」「バレージョ」{{Sfn|徳川宗賢|1979|pages={{要ページ番号|date=2019年3月}}}}。}}もよく用いられ<ref name="jag1972.27.228"/>、日本の行政では馬鈴薯と呼んでいる<ref name="jag1972.27.228"/>。ジャガイモの[[中国]]植物名も馬鈴薯で{{sfn|貝津好孝|1995|p=39}}、[[中国語]]音ではマーリンシュー([[ピン音]] {{Lang|zh|mǎlíngshǔ}})となる。18世紀に日本人の[[小野蘭山]]『耋筵小牘』(1807年)が命名したといわれている。一説には、ジャガイモの形が[[馬]]につける[[鈴]]([[スレイベル|馬鈴]])に似ることから、この名前になったという<ref name="hoj"/>。また、「[[マレー半島|マレー]]の芋」という意味からこの名前が付けられたという説もある。[[漢名]]からきたと思われがちであるが、植物分類学者の[[牧野富太郎]]によれば、馬鈴薯はジャガイモとはまったく別の植物のことで、「洋芋」または「陽芋」の字を当てるのが正しいと主張している{{sfn|講談社編|2013|p=177}}。なお、中国では他に「土豆」(トゥードウ)、「洋芋」(ヤンユー)、「薯仔」(シューザイ)などとも呼ぶ。
 
[[英語]]のポテト ({{lang|en|potato}}) の語源は、[[タイノ族]]の言葉で[[サツマイモ]]を意味する {{lang|tnq|batata}} が[[スペイン語]]の {{lang|es|patata}} に変化したものによる<ref>[[大修館書店]]『スタンダード英語語源辞典』</ref>。なお、ジャガイモの原産地で古くから使われている言語の一つである[[ケチュア語]]では {{lang|qu|papa}} というが、これはそのまま中南米スペイン語で使われる。スペイン語で {{lang|es|batata}} が {{lang|es|patata}} に変化したのはこの {{lang|qu|papa}} の影響であると考えられている<ref>[[小学館]]『西和中辞典』初版4刷 p1413,p1437</ref>。{{lang|es|Papa}} は[[ローマ教皇]]を意味する単語と同じであったため、これを忌避して {{lang|es|Patata}} に変遷したともいわれる<ref>{{Harvnb|伊藤章治|2008|p=44}}</ref>。