「ミュジーク・コンクレート」の版間の差分

 
[[Image:Psconcer.jpg|thumb|200px|GRMにてアクースモニウムを解説する[[ピエール・シェフェール]], 1974年.]]
 
[[ドイツ]]では、[[1951年]]より活動を開始した[[ヘルベルト・アイメルト]]創設の[[南西ドイツ放送|西ドイツ放送]] (''Westdeutscher Rundfunk Köln'', WDR) 電子音楽スタジオにおいて、主に[[発振器]]の変調による[[電子音楽]]の研究が進められていたが、[[カールハインツ・シュトックハウゼン]]が、これとミュジーク・コンクレートの手法を折衷させて創作した「[[少年の歌]]」(''Gesang Der Jünglinge'') を発表して以降 ([[1956年]])、ドイツで展開していた電子音楽 (''Elektronische Musik'') とフランスで生まれたミュジーク・コンクレートとの明確な差異は徐々に無効化していった。
 
[[1968年]]に[[ビートルズ]]が発表した[[ザ・ビートルズ (アルバム)]]にはミュジーク・コンクレートの曲である[[レボリューション9]]が収録されている。