「創傷被覆材」の版間の差分

m
== 伝統医療 - 現代の医学素材 ==
* [[鶏卵#構造と規格|卵殻膜]] - 卵の薄皮とも呼ばれ、民間療法で用いられる。
* [[ガマの油ワセリン]] - 含有成分のワセリンを傷に薄く塗ると湿潤療法となり、現代の医療では絆創膏がない場合は傷に対してワセリンを塗ってラップやくっつかないガーゼなどで保護する方法勧められる<ref>[https://www.asahi.com/articles/ASL834VY3L83UBQU014.html 子どもの傷に湿潤療法 消毒不要、かさぶた作らず治す] 出版者:朝日新聞</ref>。
** [[ガマの油]] - 含有成分のワセリンを傷に薄く塗ると湿潤療法となり、
* [[ゼオライト]] - 血液と反応し血液を凝固させるが、副次的に熱を発生し熱傷を負うことがある。粉末や止血帯の形で使用する。
* [[カオリナイト]]- 止血効果を持ち軍用の止血剤として利用されている。