「北山田駅 (大分県)」の版間の差分

→‎歴史: 出典に基づき日付書き換え
(→‎歴史: 出典に基づき日付書き換え)
 
== 歴史 ==
* [[1932年]]([[昭和]]7年)[[9月16日]] - [[鉄道省]]([[日本国有鉄道|国有鉄道]])の駅として開業<ref name="oita-pref-history-modern-3-1987">『大分県史 近代編 3』 [[大分県]]、1987年。</ref><ref name="kusu-gun-history-1965" />。
* [[1984年]](昭和59年)[[1月20日]] - 無人駅となり<ref>{{Cite news |title=「通報」●久大本線豊後中川駅ほか3駅の駅員無配置について(旅客局) |newspaper=[[鉄道公報]] |publisher=[[日本国有鉄道]]総裁室文書課 |date=1984-01-19 |page=4 }}</ref>、駅舎が玖珠町に払い下げされる<ref name="合同1992">{{cite news |title =丸太のイス、木製テーブル 北山田駅舎兼ねた玖珠町観光物産館 きょう落成式 |newspaper =[[大分合同新聞]](朝刊) |date =1992/04/14 |publisher =大分合同新聞社 |page=13 }}</ref>。
* [[1987年]]([[昭和]]62年)[[4月1日]] - [[国鉄分割民営化]]により九州旅客鉄道が[[山陽新幹線]]以外の九州地区の旅客鉄道業務を継承<ref name="trafic-yearbook-1988">『交通年鑑 昭和63年版』 [[交通協力会]]、1988年3月。</ref><ref name="privatization-ntt-jr-1997-8">今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 [[中央法規出版]]、1997年8月。ISBN 978-4805840863</ref>。
* [[1992年]]([[平成]]4年)[[4月14日]] - 玖珠町が駅舎改築(総工費2500万円)<ref name="合同1992"/>。