「携帯電話」の版間の差分

m
整理
m (曖昧さ回避ページLGへのリンクを解消、リンク先をLGエレクトロニクスに変更(DisamAssist使用))
m (整理)
マーケット規模の巨大な携帯電話は、世界規模での大量販売による価格競争が行われ、膨大な出荷台数を獲得している。
 
== 機器使用上不具合トラブルと対策 ==
;耐水性
=== 水濡れ ===
[[File:Sony Xperia Z3 - Wasser in der Kamera.jpg|thumb|カメラレンズに水滴が生じた例]]
:防水機能のない携帯電話は軽微な水濡れでも故障するので、利用者から「この程度の水濡れで故障するのは欠陥品ではないか」といった苦情が[[国民生活センター]]に寄せられている。国民生活センターでは、利用者に防水でない機種は水に濡らさないように注意し、水に濡れる使い方をする人は防水の機種を購入するように呼びかけている。携帯電話会社には消費者への周知徹底と日常の軽微な水濡れで故障しないような改善、修理をする場合は消費者に一方的な負担をさせないことを要望している<ref>[http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20080508_1.html 国民生活センター携帯電話機の水濡れによる不具合]</ref>。
 
=== ;異常過熱 ===
:機器に内蔵するリチウムイオン電池が異常過熱により爆発してけがや火災の原因となる事例もある<ref>[http://www.afpbb.com/articles/-/3046862 リチウムイオン電池の異常過熱、X線で仕組み解明 研究] AFP、2015年4月29日。</ref>。
 
==; 健康への影響 ==
:[[WHO]](世界保健機関)の一部である[[国際がん研究機関|IARC]](国際がん研究機関)は2011年5月31日、発がん性リスクをランク分けする表([[IARC発がん性リスク一覧]])の中で、「携帯電話の使用」を、5段階中、上から3番目のGroup2Bのカテゴリーに入れたと発表した(Group2Bは、ヒトに対する発癌性が疑われるグループである)<ref>[http://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2011/pdfs/pr208_E.pdf IARC CLASSIFIES RADIOFREQUENCYELECTROMAGNETIC FIELDS ASPOSSIBLY CARCINOGENIC TO HUMANS] WHO</ref><ref>[http://www.carcinogenesis.com/article.asp?issn=1477-3163;year=2011;volume=10;issue=1;spage=18;epage=18;aulast=Kovvali Cell phones are as carcinogenic as coffee] Journal of Carcinogenesis  Gopala Kovvali</ref>。
 
;電子機器への影響
また、*[[心臓ペースメーカー#電磁波・医療機器の影響|心臓ペースメーカー]]使用者への携帯電話、スマートフォンの発する電磁波による誤作動などの影響が警鐘されている。
 
;通信遮断エリア
:病院や飛行機内などでの利用は制限される。
* [[通信機能抑止装置]] : [[劇場]]等の着信音防止。[[振り込め詐欺]]被害防止。
 
;料金体系の混乱
* :[[パケ死]]
 
;フィルタリング
* [[フィルタリング (有害サイトアクセス制限)]]
 
;犯罪利用
:暗号化されたチャットアプリの使用があったが、いずれも捜査機関によって摘発され大規模な逮捕劇となっている。[[EncroChat]]、[[トロイの盾作戦|ANOM]]
 
== その他の用途 ==
{{Commonscat|Mobile phones}}
{{ウィキプロジェクトリンク|携帯電話}}
*[[トランシーバー (無線機)|トランシーバー]]
* [[無線アクセス]]
* [[マルチチャネルアクセス無線]]
* [[携帯機器]]
* [[PHS]]
* [[フィルタリング (有害サイトアクセス制限)]]
* [[ギャル文字]]
* [[パケ死]]
* [[ホットモック]]
* [[通信機能抑止装置]] : [[劇場]]等の着信音防止。[[振り込め詐欺]]被害防止。
* [[モバイルブロードバンド]]
{{携帯電話}}