「カネミ油症事件」の版間の差分

編集の要約なし
(戻し:改行過剰。)
タグ: 取り消し
{{出典の明記|date=2018年11月}}
'''カネミ油症事件'''(カネミゆしょうじけん)とは、[[1968年]](昭和43年)、[[カネミ倉庫]]が製造する食用油に[[ダイオキシン類]](PCB([[PCB]]など)が製造過程で混入し、その食用油(「カネミライスオイル」と呼ばれた<ref>{{Cite web|url=https://www.min-iren.gr.jp/?p=6758|title=元気スペシャル 潜在する被害者早急な実態把握を カネミ油症 いまだ終わらぬ苦しみ – 全日本民医連|accessdate=2018-12-05|website=全日本民医連}}</ref>)を摂取した人々やその胎児に障害などが発生した西日本一帯における[[食中毒]]事件である
 
[[File:Diagram of deodorization tower (Causes of Yusho disease) 01-ja.svg|thumb|300px|'''PCBが混入した脱臭塔の模式図'''<br>ライスオイルの脱臭過程で熱媒体として使用されていたカネクロール (PCB) が配管より漏洩し、ライスオイルに混入した]]
福岡県[[北九州市]][[小倉北区]](事件発生当時は小倉区)にある[[カネミ倉庫|カネミ倉庫株式会社]]で作られた食用油([[こめ油|こめ油・米糠油]]){{Efn|カネミ倉庫では2013年8月現在、引き続き食用こめ油・米糠油を製造している(外部リンクの公式ウェブサイトに記載あり)。}}「カネミライスオイル」の製造過程で、脱臭のために[[熱媒体]]として使用されていた[[ポリ塩化ビフェニル|PCB]](ポリ塩化ビフェニル)が、配管作業ミスで配管部から漏れて混入し{{Sfn|五島市|2020|p=25}}{{Sfn|小栗|赤峰|古江|2000|p=41}}、これが加熱されて[[ダイオキシン類|ダイオキシン]]に[[化学変化|変化]]した{{Sfn|小栗|赤峰|古江|2000|pp=48-49}}。このダイオキシンを油を通して摂取した人々に、顔面などへの色素沈着や塩素挫瘡([[クロロアクネ]])など[[皮膚|肌]]の異常、[[頭痛]]、手足のしびれ、[[肝臓#疾患|肝機能障害]]などを引き起こした{{Sfn|小栗|赤峰|古江|2000|loc=&sect;7 油症の臨床的特徴と処置}}。
 
カネミ倉庫は油にダイオキシン類が含まれていることを知ったあとも汚染油を再精製して売り続けた結果、工場のあった福岡と再精製油が売られた長崎にさらなる被害をもたらした<ref>{{Cite web|url=https://www.min-iren.gr.jp/?p=14173|title=カネミ油症問題で学習会 福岡 – 全日本民医連|accessdate=2018-12-05|website=www.min-iren.gr.jp}}</ref>。摂取した患者は現在まで長きにわたり、さまざまな後遺症に悩まされている。なかでも、妊娠していた女性患者から全身が真っ黒の胎児が産まれ、2週間ほどで死亡するという事件が発生。これは社会に大きな衝撃を与え、学界でも国際会議で「'''YUSHO'''」と呼称され、世界的な関心を集めた<ref>[[明石昇二郎]] 『黒い赤ちゃん-カネミ油症34年の空白』 [[講談社]] 2002年 p.132</ref><ref>国際会議[http://www.dioxin20xx.org/pdfs/history/Dioxin1999.pdf Dioxin99]</ref>。
<!-- 憶測記事であるため全文コメントアウト。ポリ塩化ビフェニルは変圧器油他に多用されたものであり、ライスオイルの不法投棄とは断定しかねる。
当時は[[ポリ塩化ビフェニル|PCB(ポリ塩化ビフェニル)]]の無害化技術も確立されていない時代であり、カネミ油症の原因物質であるライスオイルは、不適切な処理をされた可能性がきわめて高い。カネミ倉庫の事業所が存在する[[北九州市]]及び[[大阪市]]([[木津川運河]])では、ダイオキシン類の一つである[[ポリ塩化ビフェニル#ダイオキシン様PCB・コプラナーPCB|コプラナーPCB]] (Co-PCB)が河川及び港湾の[[底質]]から基準を超えて検出されている<ref>大阪市港湾局の底質ダイオキシン類汚染調査結果</ref>。復活させる前に[[WP:NOTSOAPBOX]]を読むこと。https://blogs.yahoo.co.jp/teisdix/MYBLOG/yblog.html や https://blogs.yahoo.co.jp/tanabekumano/66374414.html の補強にWikipediaを使うべからず。 -->
 
* [[1954年]](昭和29年)4月 : [[カネカ|鐘淵化学工業(現カネカ)]]高砂工業所で「カネクロール」 ([[ポリ塩化ビフェニル|PCB]]) を製造開始する<ref name="Shimoda">{{Cite journal |和書|author=下田守|authorlink= |title=カネミ油症の被害と人権侵害の広がり|date=2007-03|publisher=下関市立大学学会|journal=下関市立大学論集|volume=50|issue=1|url=http://ypir.lib.yamaguchi-u.ac.jp/sc/metadata/1479|pages=93-106|ref= }} </ref>{{Sfn|五島市|2020|p=35}}。
* [[1961年]](昭和36年)4月29日 : [[小倉市]]の[[カネミ倉庫]]が、[[三和油脂]]より[[脱臭]]装置を導入し、[[米ぬか]]精製装置を導入して米ぬか精製油の製造を開始する<ref name="Shimoda"/>{{Sfn|五島市|2020|p=35}}。カネミ倉庫が鐘淵化学工業の勧めによりPCBの熱媒体利用を始める。
* [[1963年]](昭和38年) : このころから北九州・[[飯塚市]]など各地で患者に症状が出始める<ref name="Shimoda"/>。
* 1968年(昭和43年)