「ボールガウン」の版間の差分

編集の要約なし
|caption2 = [[オペラボール]]([[舞踏会]])にて、純白のボールガウンと白の[[オペラグローブ]]を着用する[[デビュタント]](参加者)
}}
'''ボールガウン'''([[:en:Ball gown]])とは、[[西洋文化]]における[[オペラボール]]などの[[舞踏会]]や公式の[[晩餐会]]などで着用される女性用の[[礼服]]であり、広義女性最も正式な[[正装]]である[[イブニングドレス]]の一種として夜会服(夜の正装)に用いられることが多い<ref>[https://apparelfashionwiki.com/?%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%A6%E3%83%B3 ボールガウン:ファッション用語辞典 apparel-fashion wiki]</ref>。「ボール」は[[ラテン語]]が由来の「Ball」で「踊る」という意味であり、それを日本語では一般的に「[[社交ダンス]]」と呼ぶ<ref>[https://omotenashi.work/glossary/facility/287 ボール・ルーム:宿泊業の用語集:おもてなしHR]</ref>。
 
ボールガウンの多くは肩や腕を露出させた[[ノースリーブ]]もしくは[[ストラップレスドレス]]であり、ふっくらとした長いスカートを合わせている<ref name=":1">{{cite book|title=The Berg Companion to Fashion|last1=Hegland|first1=Jane|last2=Steele|first2=Valerie|date=2010|publisher=Bloomsbury Academic|pages=45–47}}</ref>。このような[[ガウン]]は、通常、コートの代わりに肘上まである長い[[手袋]]([[オペラグローブ]])と[[ヴィンテージ]][[ジュエリー]]または(高価な生地のフォーマルな[[ショール]])、[[ケープ]]または[[マント]]を併せて着用する。胸には[[勲章]]を付け、既婚女性は[[ティアラ]]を持つ。現在では[[合成繊維]]が使用されることもあるが、最も一般的な布地は[[サテン]]、[[シルク]]、[[タフタ]]、[[ベルベット]]に[[レース (手芸)|レース]]、[[パール]]、[[スパンコール]]、[[刺繍]]、[[フリル]]、[[リボン]]、[[ロゼット]]、[[ルーチング]]などがある<ref name=":1" />。