「宇宙服」の版間の差分

m
加筆
m (加筆)
m (加筆)
 
== 開発の歴史 ==
{{節スタブ}}
気球を使った高高度での人体の影響を最初に発見したのは気象学者の[[ジェームズ・グレーシャー]]である。彼は、高高度で呼吸困難などの影響があることを1862年に書き記している。また医者であり政治家でもあり[[航空医学]]の父とも呼ばれる{{ill2|ポール・ベール|en|Paul Bert}}は低圧チャンバーの実験や高高度での酸素不足で人間が死ぬこと、酸素を補給することで解決できることを記録に残している。
 
呼吸器の研究に大きな成果を上げた生理学者{{仮リンク|ジョン・スコット・ホールデン|en|John Scott Haldane}}は、1920年代に与圧服の概念を発表した<ref>Robinson, D.H.:Aviation Medicine Comes of Age:World War II, 1939-45. In:The Dangerous Sky:A history of aviation medicine. University of Washington Press, Seattle, pp. 190-191, 1973.</ref>。
宇宙服の原型である世界初の[[与圧]]服は、[[1931年]]にソ連の[[エヴゲニー・チェルトフスキー]]<!-- Евгений Чертовский, Yevgeny Chertovsky -->が完成させた「[[SK-1宇宙服|スカファンドル]]」({{lang|ru|скафандр}}, skafandr) だとされる。
 
宇宙服の原型である世界初の[[与圧]]服は、[[1931年]]にソ連の[[エヴゲニー・チェルトフスキー]]<!-- Евгений Чертовский, Yevgeny Chertovsky -->が完成させた「[[SK-1宇宙服|スカファンドル]]」({{lang|ru|скафандр}}, skafandr) だとされる。実用的な与圧服は、1934年に飛行士[[ウィリー・ポスト]]がタイヤメーカーや機械技師などの協力を経てアメリカで開発された
 
1965年3月18日にソ連のアレクセイ・レオーノフが、[[ボスホート2号]]から世界初の船外活動を行った。この時に使われた[[ベールクト宇宙服]]が初の実用宇宙服である。この宇宙服は、船内与圧服を改良したものであった。ロシアは、1977年12月にサリュート6号での船外活動を始めたが、この時は[[オーラン宇宙服]]D型(Orlan-D) が使われた。オーラン宇宙服は、1960年代に月面用宇宙服として開発していたクレチェット (Krechet) 宇宙服をベースに開発された。1985年にはその改良型のオーランDMの使用を開始。1988年からは、宇宙船との[[アンビリカルケーブル|アンビリカル]]無しで自立しての作業が可能なオーランDMAの使用を開始した。1998年からは、さらに操作性を改善したオーランMの使用を開始。2009年からは、オーランMを改良したオーランMKが使用されるようになった。なお、ロシアの宇宙服は、使用寿命を迎えると[[プログレス補給船]]に搭載して廃棄している。