「航空医学」の版間の差分

m
LK
m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
m (LK)
[[File:US Navy 040531-N-9630B-025 U.S. Navy Flight Surgeon, Lt. Cmdr. Scott Carlson of Downers Grove, Ill., performs and eye examination on Operation Specialist 1st Class Naron Williams of Jacksonville, Fla.jpg|thumb|{{ill2|航空医官|en|Flight surgeon}}(フライトサージャン)による航空機の乗員の身体検査]]'''航空医学'''(こうくういがく、{{Lang-en-short|aviation medicine}})は、{{仮リンク|環境医学|EN|Environmental medicine|label=}}の[[分野]]の1つであり、人間が高所・上空へ移動することによって生じる、様々な医学的問題を研究する学問である<ref name=":0">{{Cite web|title=航空医学とは|航空医学の概要|航空医学研究|一般財団法人 航空医学研究センター|url=https://www.aeromedical.or.jp/igaku/kouku2.htm|website=www.aeromedical.or.jp|accessdate=2020-11-19}}</ref><ref>Dehart, R. L.; J. R. Davis (2002). ''Fundamentals Of Aerospace Medicine: Translating Research Into Clinical Applications, 3rd Rev Ed''. United States: Lippincott Williams And Wilkins. p. 720. [[ISBN (identifier)|ISBN]] [[特別:文献資料/978-0-7817-2898-0|978-0-7817-2898-0]].</ref><ref>Jedick, Rocky. "Why Flight Surgeons Fly". ''Go Flight Medicine''. Retrieved 28 November 2014.</ref>。
 
==扱う分野==
==日本の航空医学==
[[日本]]では、終戦後の[[1957年]]に、[[航空自衛隊]]において臨時[[航空医学実験隊]]が立川に新編されたことをきっかけとして、航空医学が始まった<ref>{{Cite web|title=日本の航空医学の歴史|url=https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/Japanese_Aeromedicine_history.html|website=www.cscd.osaka-u.ac.jp|accessdate=2020-11-19}}</ref>{{出典無効|date=2020-11-20 |title=個人のサイトからの引用}}。
 
==パイロットの状態分類==
アメリカ合衆国における輸送に関連する事故などを調査し原因究明を行っている[[国家運輸安全委員会]](NTSB)は、パイロットの操縦能力に支障が出た際に以下の分類分けを行っている。
;突発性機能喪失(インキャパシテーション、Incapacitation)
:突発性の病気や気絶など、なにかしらの事情により完全に操縦不能になった状態
 
;インペアメント(impairment)
:突発性機能喪失に至らないまでも操縦に支障が出ている状態
 
==関連項目==
* {{ill2|1%ルール|en|1% rule (aviation medicine)}}
 
 
==出典==