「航空医学」の版間の差分

m
加筆
m (LK)
m (加筆)
[[File:US Navy 040531-N-9630B-025 U.S. Navy Flight Surgeon, Lt. Cmdr. Scott Carlson of Downers Grove, Ill., performs and eye examination on Operation Specialist 1st Class Naron Williams of Jacksonville, Fla.jpg|thumb|{{ill2|航空医官|en|Flight surgeon}}(フライトサージャン)による航空機の乗員の身体検査]]'''航空医学'''(こうくういがく、{{Lang-en-short|aviation medicine}})は、{{仮リンク|環境医学|EN|Environmental medicine|label=}}の[[分野]]の1つであり、人間が高所・上空へ移動することによって生じる、様々な医学的問題を研究する学問である<ref name=":0">{{Cite web|title=航空医学とは|航空医学の概要|航空医学研究|一般財団法人 航空医学研究センター|url=https://www.aeromedical.or.jp/igaku/kouku2.htm|website=www.aeromedical.or.jp|accessdate=2020-11-19}}</ref><ref>Dehart, R. L.; J. R. Davis (2002). ''Fundamentals Of Aerospace Medicine: Translating Research Into Clinical Applications, 3rd Rev Ed''. United States: Lippincott Williams And Wilkins. p. 720. [[ISBN (identifier)|ISBN]] [[特別:文献資料/978-0-7817-2898-0|978-0-7817-2898-0]].</ref><ref>Jedick, Rocky. "Why Flight Surgeons Fly". ''Go Flight Medicine''. Retrieved 28 November 2014.</ref>。
 
==概要==
高度が上がると気圧と外気温が低下する。具体的には、305 mごとに気温は平均2℃、1000 mごとに気圧は約100 [[ヘクトパスカル|hPa]]変化する。商業用の航空機が一般的に飛ぶような高度1万m近くに達すると、なんの対策も取らずに運動を行うなど酸素を消費する活動を行うと酸素が足りず死に至るか気絶する。高度1万mに達する前や運動を控えて気絶に至らなくとも、判断力の低下、倦怠感、凍傷など様々な身体的な症状が現れる。
 
搭乗する航空機によっては、高い[[加速度]](G)が加わり、振動でシェイクされ、[[宇宙線]]によって被ばくする。
 
==扱う分野==
==関連項目==
* {{ill2|1%ルール|en|1% rule (aviation medicine)}}
* [[宇宙医学]]
 
* {{ill2|航空宇宙医学会|en|Aerospace Medical Association}}
* {{ill2|バーラーニ・チェア|en|Bárány chair}}
* {{ill2|気圧性歯痛|en|Barodontalgia}}
* {{ill2|航空身体検査医|en|Aviation medical examiner}}(Aviation medical examiner、AME)
 
==出典==