「クリスチャンアイデンティティー」の版間の差分

編集の要約なし
{{Expand English|Christian Identity|date=2021-06-19}}
'''クリスチャンアイデンティティー'''([[:en:Christian Identity]])とは<ref name="Doctrine">{{Cite web|title=Christian Identity|url=https://www.adl.org/resources/backgrounders/christian-identity|accessdate=January 26, 2021|website=adl.org|publisher=[[Anti-Defamation League]]}}</ref>とは、[[キリスト教原理主義]]を信仰しケルトや信念を提唱すにおける[[ゲルマン人|ゲルマンイデオロギー]]のような人々であり、イエス・キリストの統治下にある地球上の新しい[[アングロ・サクソン天国]]で[[白人|アングロサクソン白人種族]]に仕えるためにすべての非白人(完全にヨーロッパ系ではない人々)が[[北方人種ジェノサイド|北欧絶滅]]諸国、または[[アーリアン学説奴隷制|アーリア奴隷化]]されるという考えを推進している。その教義は、「アダム」(白や親族の人々はあだけが救いを達成し、楽園に入ことできると述べている。その支持者の多くは[[アブラハムメリカ]]、[[イサク|のミレニイザック]]、[[ヤコブ (旧約聖書)|ヤコブ]]の子孫リストであり、したがって古代る<ref name="Barkun">{{cite book|last1=Barkun|first1=Michael|url=https://www.google.com/books/edition/Religion_and_the_Racist_Right/qb0EAwAAQBAJ|title=Religion and the Racist Right: The Origins of the Christian Identity Movement|publisher=[[イスラエルUniversity (民族)|イスラエル人のof North Carolina Press]]子孫である|year=2014|isbn=978-1-46961111-2|location=|pages=|author-link=Michael Barkun|accessdate=January 26, 2021}}</ref>
 
このグループは、古代イスラエル人は[[アングロサクソン人]]・[[ゲルマン人]]・[[北方人種|北欧人]]または[[アーリアン学説|アーリア人]]や親族などの人々であり、[[アブラハム]]、[[イサク|アイザック]]、[[ヤコブ (旧約聖書)|ヤコブ]]の肉体的な子孫であると主張している。
個人、独立した会衆、および一部の刑務所ギャングによって独立して実践されており、組織化された宗教ではなく、特定のキリスト教宗派と提携していない。その[[神学]]はキリスト教の人種的解釈である<ref name="eck">{{Cite book|last=Eck|first=Diane|url=https://archive.org/details/newreligiousamer00eckd|title=A New Religious America: How a "Christian Country" Has Become the World's Most Religiously Diverse Nation|publisher=[[HarperCollins]]|year=2001|isbn=0-06-062158-3|location=New York|pages=347|author-link=Diana L. Eck|accessdate=January 26, 2021}}</ref> <ref name="buck">{{Cite book|last=Buck|first=Christopher|url=https://archive.org/details/religiousmythsvi00buck|title=Religious Myths and Visions of America: How Minority Faiths Redefined America's World Role|publisher=[[Praeger Publishing]]|year=2009|isbn=978-0-313-35959-0|location=Westport, CT|pages=[https://archive.org/details/religiousmythsvi00buck/page/n117 107], 108, 213|accessdate=January 26, 2021}}</ref>。クリスチャンアイデンティティーの信念は、主に[[コーカソイド]]系[[ヨーロッパ]]人([[白人]])を「[[選民]]」と見なし、[[ユダヤ人]]を[[カインとアベル|カイン]]の呪われた子孫、「蛇の交配種」または蛇の種(2つの種の教義として知られている信念)と見なした著者によって開発および促進された<ref name="Doctrine">{{Cite web|title=Christian Identity|url=https://www.adl.org/resources/backgrounders/christian-identity|accessdate=January 26, 2021|website=adl.org|publisher=[[Anti-Defamation League]]}}</ref>。[[白人至上主義]]の宗派と[[ギャング|ギャングは]]後にこれらの教えの多くを採用した<ref name="BehindBars">{{Cite web|date=October 1998|title=Bigotry Behind Bars: Racist Groups In U.S. Prisons|url=http://www.adl.org/combating-hate/domestic-extremism-terrorism/c/bigotry-behind-bars-racist-groups-in-US-prisons.html|archiveurl=https://web.archive.org/web/20150729081815/http://www.adl.org/combating-hate/domestic-extremism-terrorism/c/bigotry-behind-bars-racist-groups-in-US-prisons.html|archivedate=July 7, 2021|accessdate=January 26, 2021|website=[[Anti-Defamation League]]|publisher=adl.org}}</ref>。
 
個人、独立した会衆、および一部の刑務所ギャングによって独立して実践されており、組織化された宗教ではなく、特定のキリスト教宗派と提携していない。その[[神学]]はキリスト教の人種的解釈である<ref name="eck">{{Cite book|last=Eck|first=Diane|url=https://archive.org/details/newreligiousamer00eckd|title=A New Religious America: How a "Christian Country" Has Become the World's Most Religiously Diverse Nation|publisher=[[HarperCollins]]|year=2001|isbn=0-06-062158-3|location=New York|pages=347|author-link=Diana L. Eck|accessdate=January 26, 2021}}</ref> <ref name="buck">{{Cite book|last=Buck|first=Christopher|url=https://archive.org/details/religiousmythsvi00buck|title=Religious Myths and Visions of America: How Minority Faiths Redefined America's World Role|publisher=[[Praeger Publishing]]|year=2009|isbn=978-0-313-35959-0|location=Westport, CT|pages=[https://archive.org/details/religiousmythsvi00buck/page/n117 107], 108, 213|accessdate=January 26, 2021}}</ref>。クリスチャンアイデンティティーの信念は、主に[[コーカソイド]]系[[ヨーロッパ]]人([[白人]])を「[[選民]]」と見なし、[[ユダヤ人]]を[[カインとアベル|カイン]]の呪われた子孫、「蛇の交配種」または蛇の種(2つの種の教義として知られている信念)と見なした著者によって開発および促進された<ref name="Doctrine">{{Cite web|title=Christian Identity|url=https://www.adl.org/resources/backgrounders/christian-identity|accessdate=January 26, 2021|website=adl.org|publisher=[[Anti-Defamation League]]}}</ref>。[[白人至上主義]]の宗派と[[ギャング|ギャングは]]後にこれらの教えの多くを採用した<ref name="BehindBars">{{Cite web|date=October 1998|title=Bigotry Behind Bars: Racist Groups In U.S. Prisons|url=http://www.adl.org/combating-hate/domestic-extremism-terrorism/c/bigotry-behind-bars-racist-groups-in-US-prisons.html|archiveurl=https://web.archive.org/web/20150729081815/http://www.adl.org/combating-hate/domestic-extremism-terrorism/c/bigotry-behind-bars-racist-groups-in-US-prisons.html|archivedate=July 7, 2021|accessdate=January 26, 2021|website=[[Anti-Defamation League]]|publisher=adl.org}}</ref>。
クリスチャンアイデンティティは、イエス・キリストの統治下にある地球上の新しい天国[[白人|で白人種族]]に仕えるために、すべての非白人(完全にヨーロッパ系ではない人々)が[[ジェノサイド|絶滅]]または[[奴隷制|奴隷化さ]]れるという考えを推進している。その教義は、「アダム」(白人)の人々だけが救いを達成し、楽園に入ることができると述べている。その支持者の多くはミレニアリストである<ref name="Barkun">{{cite book|last1=Barkun|first1=Michael|url=https://www.google.com/books/edition/Religion_and_the_Racist_Right/qb0EAwAAQBAJ|title=Religion and the Racist Right: The Origins of the Christian Identity Movement|publisher=[[University of North Carolina Press]]|year=2014|isbn=978-1-46961111-2|location=|pages=|author-link=Michael Barkun|accessdate=January 26, 2021}}</ref>。
 
アメリカの南部貧困法センターではこれを[[人種主義|人種差別主義者]]、[[反ユダヤ主義|反ユダヤ主義者]]、[[白人至上主義|白人至上主義者]]と見なしている<ref name="SPLC">{{Cite web|title=Christian Identity|url=https://www.splcenter.org/fighting-hate/extremist-files/ideology/christian-identity|accessdate=January 26, 2021|website=splcenter.org|publisher=[[Southern Poverty Law Center]]}}</ref>。