「アリオ橋本」の版間の差分

編集の要約なし
|外部リンク = [https://hashimoto.ario.jp/ 公式サイト]
|商圏人口 = 半径5km圏 430,000人
|最寄駅 = [[橋本駅 (神奈川県)|橋本駅]] 徒歩5分
|最寄IC = [[相原インターチェンジ|相原IC]]
}}
'''アリオ橋本'''(アリオはしもと)は、[[神奈川県]][[相模原市]][[緑区 (相模原市)|緑区]]に立地する[[複合商業施設]]である。[[セブン&アイ・ホールディングス]]グループの[[セブン&アイ・クリエイトリンク]]が運営する。
 
== 概要 ==
閉鎖された[[日本金属工業]]相模原製造所跡地<ref>[[1970年]]操業開始の[[ステンレス鋼]]製品一貫製造工場だったが、製造拠点の集約化に伴い[[2005年]]末に操業終了。跡地から基準値を超える[[フッ素]]、[[六価クロム]]、[[トリクロロエチレン]]、シス[[1,2-ジクロロエチレン]]が検出されたため、土壌改良を含めた原状回復工事が行われていた。</ref>に建設された、相模原市内最大の[[ショッピングモール]]。設計施工は[[大成建設]]。[[2010年]]([[平成]]22年)[[9月15日]]にプレオープン、同年[[9月17日]]にグランドオープンした。[[アリオ]]としては9店舖目、核店舗のイトーヨーカドー単体では日本全国176店舖目で、神奈川県内31店舖目の店舗となる。なお、[[アリオ深谷]]([[埼玉県]][[深谷市]])アリオ橋本に先んずる[[9月1日]]に食料品フロアのみがオープンしている<ref>{{Cite press release|url=http://www.itoyokado.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/100803.pdf|title=初の業態変更による“Ario(アリオ)”出店 深谷・熊谷エリアで最大級のSC『Ario(アリオ)深谷』〜2010年12月上旬のグランドオープンに先駆けて「食料品フロア」9月1日(水)先行オープン!〜|date=2010年8月3日|publisher=セブン&アイ・ホールディングス/イトーヨーカ堂|format=PDF|accessdate=2010年9月12日}}</ref>が、こちらは元々イトーヨーカドーの入居していた既存SCのリニューアルであり、[[専門店]]部分は開店前であることから、セブン&アイ・ホールディングスおよびイトーヨーカ堂ではアリオ橋本を9号店<ref name="release-hashimoto">{{Cite press release|url=http://www.7andi.com/news/pdf/2007/2010-0820-1400.pdf|title=国内最大規模のLED照明導入数 アリオ最大級の太陽光発電パネル設置等 最新の環境配慮型SC 9/17(金)『Ario(アリオ)橋本』開店|date=2010年8月20日|publisher=セブン&アイ・ホールディングス/イトーヨーカ堂|format=PDF|accessdate=2010年10月17日}}</ref>、アリオ深谷を10号店としている。
 
ショッピングセンターは核店舗のイトーヨーカドー・アリオ橋本店と、136の専門店で構成される。[[橋本 (相模原市)|橋本地区]]においてのイトーヨーカドーは線路を挟んだ反対側に[[2008年]](平成20年)[[5月18日]]まで橋本店が存在したため、実質的な再出店といえる。
 
施設の特徴として、売り場の8割にあたる約13,000個の照明を[[LED照明]]として省電力化を図るとともに、[[太陽光発電]]パネルの設置、[[風力発電|風力]]&太陽光発電付外灯の採用など、[[再生可能エネルギー|クリーンエネルギー]]の積極採用などにより[[二酸化炭素|CO2]]排出量の削減に努めた、環境に配慮した建築物となっている。
 
2020年には開店10周年と『[[クレヨンしんちゃん (アニメ)|クレヨンしんちゃん]]』の新作映画の公開を記念しての期間限定で、屋上看板などを「サトーココノカドー」ブランドに変更。他の店舗では[[イトーヨーカドー春日部店]]で実施されていた。
 
== テナント ==