「ファニーとアレクサンデル」の版間の差分

m
lk
(あらすじ加筆、外部リンク追加)
タグ: 2017年版ソースエディター メディア追加 メディア除去
m (lk)
タグ: 2017年版ソースエディター
:終演後、オスカルの母である元女優ヘレナの指揮の元、クリスマスパーティーが開かれる。パーティーが終わった後、ヘレナは元愛人のイサクに息子たちの話をする。
;第二部・亡霊
:年が明けた後、オスカルが2月に上演される予定の『[[ハムレット]]』のリハーサル中に急死する。ヴェルゲルス主教による葬儀が行われる中、霊感のあるアレクサンデルは父の亡霊を目にする。
;第三部・崩壊
:エミリーは夫の遺言で劇場を切り盛りすることとなったが、1年後に劇場経営から身を引く。それからして、エミリーはヴェルゲルス主教をアレクサンドルに話す。その後、アレクサンドルは妹ともに住み慣れた家を離れ、主教館に引っ越す。だが、主教の母ブレンダをはじめとするヴェルゲルス主教の家族は皆暗い雰囲気を漂わせていた上、主教本人から質素な生活を強いられる。
:嫁から事情を聞いたヘレナはイサクに連絡し、彼の計らいでアレクサンドルらはイサクの家に避難する。その後、主教の家にオスカルの弟であるカールとグスタヴが訪れたことにより、妻が離婚を希望していたことを知る。エミリーは眠れなくなった主教から話を聞いた後、彼に睡眠薬入りの飲み物を飲ませる。その時、主教の叔母エルサの部屋のランプが倒れ、主教館が全焼する。エルサは寝たきりだったため逃げることができず焼死する。また、主教も逃げ遅れる形で焼死する。
;エピローグ
:エミリーは久しぶりに劇場を訪れた、ヘレナに[[ヨハン・アウグスト・ストリンドベルイリ]]の新作『夢の戯れ』の上演を持ち掛ける。そのころ、アレクサンデルは主教の亡霊を目撃する。
 
== キャスト ==