「赤飯」の版間の差分

編集の要約なし
呼称としては「'''せきはん'''」が一般的であるが、[[女房言葉]]として[[語頭]]に「お」をつけた「'''おせきはん'''」と呼ばれることもある。
 
[[明治]]頃までは、小豆などを混ぜた赤飯と、もち米を蒸した[[おこわ]]は区別されていた。しかし、後に一部の地域で呼称が曖昧となり、現在も赤飯をおこわとよぶ地域が残っている。また、小豆などを入れた一般的な赤飯のみでなく、地域による差異もある。混合する具材の変化や調理法も蒸すのではなく炊くなど、日本国内の地域により多様な特色もみられ、「あかまんま」「あかごわ」などの呼び方もある。
 
小豆は水に浸して戻すための浸漬時間を長くするほど加熱中に割れる「胴切れ」が起きやすくなる<ref>{{Cite web |url=https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/06/13/1306691_04.pdf |title=第3章 調理室における衛生管理&調理技術マニュアル |publisher=文部科学省 |accessdate=2020-06-06}}</ref>。そのため「切腹に通じる」として武家では避けられ、地域によってはササゲを用いるようになったとの俗説がある。