「H/PJ-45 130 mm艦砲」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア追加 メディア除去
 
 
その後、[[2005年]]頃より、[[中国船舶重工集団#中国船舶重工集団#六.科学研究単位|中船重工713研究所]]({{Lang|zh|[[鄭州市|郑州]]机电工程研究所}})は、AK-130の技術を踏まえた軽量130mm砲の開発に着手した。単装化するとともに、旋回・俯仰装置などを新規設計することで、砲塔重量は半減した。また砲盾は[[ステルス性]]を意識した設計になった。なお砲弾は、通常砲弾とともに、新しい[[レーザー誘導]]砲弾も使用可能とされている{{Sfn|多田|2015|p=110}}。
 
== 比較 ==
{{艦砲}}
 
== 採用国と搭載艦 ==
''';{{navy|China}}'''
* [[昆明級駆逐艦]](052D型)
* [[南昌級駆逐艦]](055型)
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<!--=== 注釈 ===
{{Notelist2}}-->
=== 出典 ===
{{Reflist|2}}