「拡張漢字」の版間の差分

+sim-ch_n5100の情報
(-拡張F・Gの不完全なフォント +拡張G対応フォント)
(+sim-ch_n5100の情報)
== 外部リンク ==
*[https://github.com/cjkvi/HanaMinAFDKO/releases 花園明朝 ユーザーによるOTF版の開発] - Version 8.030では「花園明朝 A Regular」「花園明朝 B Regular」「花園明朝 C Regular」があり、名称にAと付いているものは拡張A、名称にBと付いているものは拡張B、名称にCと付いているものは拡張C・D・E・Fに対応する<ref>[https://glyphwiki.org/wiki/Group:%E8%8A%B1%E5%9C%92%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%88-AFDKO%E7%89%88 グループ:花園フォント-AFDKO版 - GlyphWiki]</ref>。ただしUnicode 13.0における追加分は対応していない。
*[http://zhs.glyphwiki.org/wiki/Group:sim-ch_n5100 グリフウィキ] - 「sim-ch_n5100」において、Unicode 13.0における拡張A・Bの追加分および、拡張Gに対応している。
*[http://babelstone.co.uk/Fonts/index.html BabelStone Fonts] - 「BabelStone Han」において、Unicode 13.0における拡張A・Bの追加分に対応している。
*[http://zhs.glyphwiki.org/wiki/Group:sim-ch_n5100 グリフウィキ] - 「sim-ch_n5100」において、拡張Gに対応している。
*[https://ja.osdn.net/projects/hanazono-font/releases/68253 花園明朝] - hanazono-20170904.zipに「HanaMinA.ttf」「HanaMinB.ttf」が入っており、名称にAと付いているものは拡張A、名称にBと付いているものは拡張B・C・D・E・Fに対応する。ただしUnicode 13.0における追加分は対応していない。
*CJK統合漢字拡張A-D対応フォント「[https://github.com/kartik-v/mpdf/blob/master/ttfonts/Sun-ExtA.ttf Sun-ExtA]」「[https://github.com/kartik-v/mpdf/blob/master/ttfonts/Sun-ExtB.ttf Sun-ExtB]」。Sun-ExtA.ttfに拡張Aが、Sun-ExtB.ttfに拡張B・C・Dが収録されている。ただしUnicode 13.0における追加分は対応していない。