「由良忠繁」の版間の差分

編集の要約なし
[[元和]]9年([[1623年]])兄貞繁の死去により、家督を相続する。ただし、御目見をしていなかったために知行5000石を1000石に減らされる。「のち[[大沢基重]]が務に准じ近侍す」(『[[寛政重修諸家譜]]』)とあり、高家職に準じた職務を担当していたようである。その後、辞職したという。寛永11年([[1634年]])書院番に列し、[[徳川家光]]の上洛に従う。その後、辞職したという。寛永16年(1639年)2月15日死去、31歳。
 
正妻は[[近藤用可]]の娘。長男親繁(貞房ら二男あり。
 
{{先代次代|[[横瀬氏|高家由良家3代当主]]|1623~1639|[[由良貞繁]]|[[由良貞房親繁]]}}
 
 
匿名利用者