「ルースターズ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 略歴 ==
大江・花田・井上・池畑は元々「人間クラブ」というバンドのメンバーとして活動していた。当時のヴォーカルは大江ではなく、[[1979年サンハウス]]11月の[[柴山俊之]]を彷彿とさせる歌唱法の南浩二だった<ref>当時大江はサイドギター担当でボーカルは取らなかった。</ref>。人間クラブは1979年に第6回「L-MOTION<ref>ヤマハが九州地区限定で開催してたアマチュアバンドを母体に対象としたコンテスト。1974年から1983年まで計10回開催された。前年の1978年は[[THE MODS]]がグランプリを受賞している。</ref>でグランプリを受賞。この回で最優秀グランプリを取ったバンドの一つが[[ザ・ロッカーズ]]だった。その後大江の中で歌いたい欲求が強くなり、[[1979年]]11月にザ・ルースターズが結成される。バンド名は[[ウィリー・ディクスン]]によるブルースの名曲"[[:en:Little Red Rooster|Little Red Rooster]]"にちなむ<ref>大江慎也、小松崎健郎『words for a book』p.64(シンコーミュージック・エンタテイメント、2005年)</ref>。「人間クラブ」には、大江・花田・井上・池畑と、後のルースターズ結成時のメンバーは参加していたが、ヴォーカルは大江ではなく、[[サンハウス]]の[[柴山俊之]]を彷彿とさせる歌唱法の南浩二だった<ref>当時、大江はサイドギター担当でボーカルは取らなかった</ref>。その後、大江の中で歌いたい欲求が強くなり、それがルースターズ結成を決意させた
 
[[1980年]]11月に[[シングル]]「ロージー/恋をしようよ」でデビュー。当初は[[ローリング・ストーンズ]]、[[チャック・ベリー]]のカバーを中心としながら[[リズム・アンド・ブルース|R&B]]、[[ブルースロック]]、[[パンク・ロック]]を基調としたハイテンションなサウンドを展開していた。