「ヒトパピローマウイルスワクチン」の版間の差分

→‎重篤な副反応の原因: 体位性頻脈症候群に注釈を追加
m (セクション切れの修正)
(→‎重篤な副反応の原因: 体位性頻脈症候群に注釈を追加)
 
== 重篤な副反応の原因 ==
HPVワクチンの重度な副反応には、[[複合性局所疼痛症候群]](CRPS)<ref group="注">{{lang-en|Complex regional pain syndrome}}, </ref>、体位性頻脈症候群(POTS, [[起立性調節障害]]を参照)<ref group="注">{{lang-en|postural orthostatic tachycardia syndrome}}, PoTS</ref>、HPVワクチン関連神経免疫異常症候群(HANS)<ref group="注">{{lang-en|HPV Vaccine Associated Neuropathic Syndrome}}, ハンズ</ref>、[[慢性疲労症候群]](CFS)<ref group="注">{{lang-en|Chronic Fatigue Syndrome}}</ref>などを含む。これらの副反応の原因について、主に2つの提唱がある。1つ目は、これらの症状の本体は、心因反応・接種の痛みと痛みに対する恐怖心が惹起する心身の反応・機能性身体症状であるというものである(以下 機能性身体症状説と表現する)。もう1つは、ワクチンにアジュバンドとして添加されているアルミニウム化合物による免疫反応であるというものである<ref>{{Cite journal|和書|author=伊藤晴康, 野田健太郎, 平井健一郎, ほか |title=Human papillomavirus(HPV)ワクチンの接種後にSLEを発症した一例 |url=https://doi.org/10.2177/jsci.39.145 |journal=日本臨床免疫学会会誌 |publisher=日本臨床免疫学会 |year=2016 |volume=39 |issue=2 |pages=145-149 |naid=130005152248 |doi=10.2177/jsci.39.145 |issn=0911-4300}}</ref>。
 
=== 機能性身体症状説 ===