「村井多嘉子」の版間の差分

m
→‎生い立ち: 脚注補足。
タグ: メディア追加
m (→‎生い立ち: 脚注補足。)
== 生涯 ==
=== 生い立ち ===
[[1880年]]([[明治]]13年)[[7月]]頃{{Efn|村井多嘉子の出生日について、山本文乃{{Sfn|山本文乃|1982|p=47}}は1879年生まれ、丸島隆雄{{Sfn|丸島隆雄|2019|p=7}}と星賀典子{{Sfn|星賀典子|2019|p=214}}は1880年7月6日生まれ、黒岩比佐子{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=188}}は1880年7月11日生まれとしている。}}、母・尾崎峯子と元[[志士]]([[鍋島藩]]{{Sfn|飯田喜代子|1997|p=144}})の父・尾崎宇作との間に生まれる{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=188}}。当時、尾崎家は火事に遭い、[[東京]][[駿河台]]にあった親族の[[後藤象二郎]]宅に避難していた{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=188}}。後藤は峯子の妹・雪子の夫であり、峯子が宇作と結婚したのも後藤の縁であった{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=188}}。そのほか親戚には、雪子の養父に[[岩崎弥太郎]]{{Sfn|丸島隆雄|2019|p=8}}{{Efn|黒岩比佐子は、後藤雪子は岩崎弥太郎の養妹だったとしている{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=188}}。}}、峯子の弟に[[井上竹次郎]]{{Sfn|丸島隆雄|2019|p=8}}{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=188}}、宇作の従兄に[[大隈重信]]{{Sfn|星賀典子|2019|p=214}}{{Efn|大隈重信の母親と尾崎宇作の母親が姉妹であった{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=186}}。}}がいた。なお、「多嘉子」というのは通称で、戸籍名は「多嘉」{{Sfn|丸島隆雄|2019|p=7}}もしくは「たか」{{Sfn|江原絢子|東四柳祥子|2008|p=115}}{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=386}}である。二人の兄がおり、末っ子の多嘉子は可愛がられて育ったとされている{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=189}}。
 
父が事業を始めたことに伴って8歳から[[大阪]]で暮らし{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=189}}、16歳の時に東京に戻ってきてからは[[高輪]]に移った後藤宅の別棟で過ごした{{Sfn|丸島隆雄|2019|p=9}}。後藤宅には著名人も数多く訪れ、浄瑠璃の名人や[[市川團十郎 (9代目)|市川團十郎]]、[[尾上菊五郎 (5代目)|尾上菊五郎]]らの芸を見聞きしていた{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=189}}。村井弦斎研究で知られる[[黒岩比佐子]]は、村井多嘉子が育った環境はけた外れに贅沢な生活であったとし、「文字通りの深窓の令嬢」と形容している{{Sfn|黒岩比佐子|2004|p=189}}。
331

回編集