「堀江帰一」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2013年3月|ソートキー=人1927年没}}
'''堀江 帰一'''(ほりえ きいち、[[1876年]][[4月27日]] - [[1927年]][[12月9日]])は、日本の[[経済学者]]・[[財政学]]者。長らく[[慶應義塾大学]][[理財科]](のちの[[慶應義塾大学大学院経済学研究科・経済学部|経済学部]])を主導した。[[東京都]]出身。
 
==人物==
[[慶應義塾幼稚舎|幼稚舎]]より[[慶應義塾]]で学び、大学に入る前には[[アダム・スミス]]の『[[国富論]]』を読了していたという。[[1896年]]に[[慶應義塾大学|大学部]]理財科卒業。その後、[[三井銀行]]に入社。[[時事新報|時事新報社]]に移って経済関係の論説を執筆した。その頃も読書量は同僚も驚嘆するほどで、[[福澤諭吉]]からも期待される人材となっていた。
 
大学教員養成を目指す慶應義塾は、[[1899年]]に[[神戸寅次郎]]・[[川合貞一]]・[[気賀勘重]]・[[青木徹二]]・[[名取和作]]・堀江帰一の6名を欧米へ派遣留学させることとした。この第1回留学生として堀江は、[[ハーバード大学]]、[[ロンドン大学]]、[[フンボルト大学ベルリン|ベルリン大学]]に学んだ。[[1902年]]、帰国して慶應義塾大学の教壇に立ち、[[銀行]]論・[[貨幣]]論・[[財政学|財政論]]を講義した。[[1912年]]に理財科主任、[[1917年]]就任に就任し理財科学長[[1920年]]に[[慶應義塾大学]][[慶應義塾大学大学院経済学研究科・経済学部|慶應義塾大学経済学部]]の基礎を築き上げとなっ<ref>慶應義塾150年史資料集編纂委員会編 『慶應義塾150年史資料集 第2巻』 慶應義塾、2016年、1016頁</ref>。また大学の教壇に立ちながら、時事新報の記者も兼ねていたが、こちらは[[1909年]]に退社している。
 
当初は[[自由主義]]に立脚していたが、[[日露戦争]]後、[[社会問題]]への関心を深めるようになる。[[1910年]]には再び欧米へ1年間留学、[[救貧法]]・[[工場法]]・[[社会問題]]などを研究するとともに、ドイツでは[[社会政策学会 (ドイツ)|社会政策学会]]の重鎮であった[[ルヨ・ブレンターノ]]を訪問した。帰国後は、[[社会問題]]の[[講座]]を開設し、自ら講義を担当した。また、[[鈴木文治]]らが[[1912年]]に[[友愛会]]を結成すると[[評議員]]として参加した。
**9 雑纂 下
**10 雑誌論文・日記及書簡
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [http://bdke.econ.keio.ac.jp/psninfo.php?sPsnID=22 Bibliographical Database of Keio Economists - 人物詳細]
 
{{Normdaten}}