「C450 (航空機)」の版間の差分

編集の要約なし
m (外部リンクの修正 https://web.archive.org/ -> https://web.archive.org/web/ (Botによる編集))
{{脚注の不足|date=2020年4月}}
[[File:SNECMA Coléoptère on ramp 1959.jpg|200px|right|thumb|300px|SNECMA C.450 コレオプテール]]
'''C450 コレオプテール'''(''C450 Coléoptère'')は、1950年代に[[フランス]]の[[スネクマ|SNECMA]]で開発された[[垂直離着陸機#テイルシッター|テールシッター]]と呼ばれる[[垂直離着陸機|VTOL]]実験機である。
 
名称の"コレオプテール"はフランス語で[[甲虫]]を意味する語である。
 
== 概要 ==
C450はフランスのジェットエンジン開発・製造企業として[[第二次世界大戦]]後に設立された[[スネクマ|SNECMA]]で1956年から1958年にかけて開発され、試作機の製造は[[ノール・アビアシオン]]で行なわれた。 YouTubeでは当時の記録映像を見ることが出来る。<ref>{{Citation|title=SNECMA C 450 01 Coléoptère|url=https://www.youtube.com/watch?v=AixAp_MgGVo|accessdate=2021-06-29|language=ja-JP}}</ref>
 
C450は[[1958年]][[4月]]、[[フランス空軍]]に納入された。同機のコックピットは機体先端に存在し、操縦席や飛行制御機構は、機体が垂直姿勢でも水平姿勢でも常に同じ姿勢を保てるよう90°の範囲で角度を変更できた。C450は、地上においては発射台に載せて輸送された。発射台は油圧ジャッキにより、機体をいろいろな姿勢に変更可能で、移動後にすぐに発射姿勢にできた。