「C450 (航空機)」の版間の差分

C450はフランスのジェットエンジン開発・製造企業として[[第二次世界大戦]]後に設立された[[スネクマ|SNECMA]]で1956年から1958年にかけて開発され、試作機の製造は[[ノール・アビアシオン]]で行なわれた。 YouTubeでは当時の記録映像を見ることが出来る。<ref>{{Citation|title=SNECMA C 450 01 Coléoptère|url=https://www.youtube.com/watch?v=AixAp_MgGVo|accessdate=2021-06-29|language=ja-JP}}</ref>
 
[[1958年]][[4月]]、[[フランス空軍]]に納入され、[[1959年]][[5月6日]]にC450は初飛行に成功している。垂直上昇後に水平飛行に転換できたかどうかは不明。だが1959年[[7月25日]]、C450は9回目<ref name="GaillardI">{{cite book |title=Les Avions Francais de 1944 à 1964|last=Gaillard|first=Pierre|year=1990|publisher=Éditions EPA|location=Paris|isbn=2 85120 350 9|page=200}}</ref>の試験水平飛行中に操縦不能に陥り、[[パイロット (航空)|パイロット]]は辛くも脱出したが機体は大破。ここにて以後予算の折り合いが付かず、コレオプテール・プロジェクトは終了した<ref name="GaillardI" />。
C450は[[1958年]][[4月]]、[[フランス空軍]]に納入された。
 
[[1959年]][[5月6日]]にC450は初飛行に成功している。垂直上昇後に水平飛行に転換できたかどうかは不明。だが1959年[[7月25日]]、C450は9回目<ref name=GaillardI>{{cite book |title=Les Avions Francais de 1944 à 1964|last=Gaillard|first=Pierre|year=1990|publisher=Éditions EPA|location=Paris|isbn=2 85120 350 9|page=200}}</ref>の試験水平飛行中に操縦不能に陥り、[[パイロット (航空)|パイロット]]は辛くも脱出したが機体は大破。ここにてコレオプテール・プロジェクトは終了した<ref name=GaillardI/>。
 
== スペック ==