「山崎稜」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
[[埼玉県]]出身。2000年に[[さいたまスーパーアリーナ]]で行われた[[スーパードリームゲーム2000]]を観戦したことをきっかけにバスケットボールを始める<ref name="saitama">{{Cite news|title=自分信じ新たな夢へ スラムダンク奨学金に合格 山崎稜選手 |newspaper=埼玉新聞 |date=2011-01-23}}</ref>。[[昌平中学・高等学校|昌平高等学校]]3年次に出場した2010年の[[第41回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会|ウィンターカップ]]では、初戦で敗れたものの<ref>{{Cite web|url=http://www.shohei.sugito.saitama.jp/life/H19basuke.html |title=昌平高等学校 |publisher=昌平高等学校 |accessdate=2014-10-10}}</ref>、チーム最多の21得点を挙げた<ref name="saitama" />。
 
高校卒業後、[[井上雄彦]]が創設した[[スラムダンク奨学金]]の第4期奨学生として2011年に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・サウスケントスクールに留学した。翌2012年5月にサウスケントを卒業した後、同年9月にタコマ・コミュニティ・カレッジに進学するが<ref>{{Cite web|url=http://slamdunk-sc.shueisha.co.jp/report/report04.html |title=第4回奨学生のご紹介 |publisher=スラムダンク奨学金 |accessdate=2014-10-10}}</ref>、翌2013年に帰国し、同年7月に[[埼玉ブロンコス]]に練習生として入団<ref>{{Cite press release |url=http://broncos.sailog.jp/topics/2013/07/post-327b.html |title=練習生受け入れのお知らせ |date=2013-07-25 |publisher=埼玉ブロンコス |accessdate=2014-10-10}}</ref>。10月18日に埼玉と選手契約を結んだ<ref>{{Cite press release|url=http://broncos.sailog.jp/topics/2013/10/post-0be6.html |title=選手契約締結のお知らせ |date=2013-10-18 |publisher=埼玉ブロンコス |accessdate=2014-10-10}}</ref>。この[[bjリーグ 2013-14|2013-14シーズン]]は29試合に出場し<ref>{{Cite web|url=http://www.sankei.com/west/news/140701/wst1407010043-n1.html |title=エイドリアン・モス、山崎稜、アンドレ・マレーと基本合意 バンビシャス奈良 |publisher=産経WEST |date=2014-07-01 |accessdate=2014-10-10}}</ref>、シーズン終了後に契約満了となり退団した<ref>{{Cite press release|url=http://broncos.sailog.jp/topics/2014/06/post-b979.html |title=選手契約満了のお知らせ |date=2014-06-10 |publisher=埼玉ブロンコス |accessdate=2014-10-10}}</ref>。
 
2014年6月、[[バンビシャス奈良]]に移籍し、1シーズン在籍した<ref>{{Cite press release|url=http://bambitious.jp/news/2014/06/post-220.php |title=山崎稜選手 選手契約基本合意のお知らせ |date=2014-06-27 |publisher=バンビシャス奈良 |accessdate=2014-10-10}}</ref>。
2,378

回編集