「シャハーダ」の版間の差分

218.33.173.218 (会話) による ID:83922701 の版を取り消し
(218.231.111.211 (会話) による ID:83989424 の版を取り消し)
タグ: 取り消し 差し戻し済み モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
(218.33.173.218 (会話) による ID:83922701 の版を取り消し)
タグ: 取り消し 差し戻し済み モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
イスラームの法学的解釈によると、最初のシャハーダである「アッラーフ(神)の他に神はなし」の部分は、ユダヤ教やキリスト教なども含めた[[唯一神]]を信仰することを宣言している。なお、日本人ムスリムの[[中田考]]による説明によると、この文は、神は時間や空間上のどこにも存在しない、ということを前提とした上で、唯一神のアッラーだけに関しては例外である、という留保規定の文である。
ふたつめのシャハーダである「ムハンマドはアッラーフの使徒である」の部分は、ムハンマドがアッラーフによってアッラーへの信仰(イスラーム)を確立するためにアラブ諸部族、ひいては人類全体に派遣された最後の[[預言者]]にして使徒(ラスール)であることを表明することであり、ユダヤ教徒やキリスト教徒になることとは違い、特にこのふたつめのシャハーダによってイスラーム教徒([[ムスリム]])であることを強調して宣言する意味がある。
そのため、両者を併せて宣言することによってアッラーのみを信仰する[[唯一神教]]であり、かつイスラーム教徒であるということを明確にする、まさに「信仰告白」として機能している。
 
ムスリム(イスラム教徒)の前で、多くの場合は[[モスク]]において宗教指導者の前で、アラビア語でこれを唱えることが、ムスリムとなる最低限の条件である。イスラームに入信する場合、[[シャリーア]]によると、最低でも「敬虔かつ公正な男性イスラーム教徒」2名を証人として立ち会いのもと、
:「わたしは『アッラー唯一神)の他に神はない』と宣言する。また、『ムハンマドがアッラーフの使徒である』ことも宣言する」
:أَشْهَدُ أَنْ لَا إِلَٰهَ إِلَّا ٱللَّٰهُ وَأَشْهَدُ أَنَّ مُحَمَّدًا رَسُولُ ٱللَّٰهِ
:{{lang|ar-Latn|'ashhadu 'an lā 'ilāha illā 'llāhu wa 'ashhadu 'anna Muhammad<sup>an</sup> rasūlu 'llāhi}}