「成田山新勝寺」の版間の差分

(テンプレート崩れ修正及び無出典記述除去のため差し戻し。)
タグ: 手動差し戻し メディア追加
「平和の大塔」とも称する。境内最奥に建つ、鉄筋コンクリート造、高さ58.1mの[[多宝塔]]形の仏塔で、1984年の建立(設計監理:財団法人建築研究協会 施工:大林組)。外観は二重塔だが内部は5階建てである。塔の基壇部分にある1階は霊光殿と称し、大塔入口と写経道場のほか、絵馬などの文化財を展示している。2階は明王殿と称し、不動明王を中心とする[[五大明王]]の巨像を安置し、昭和[[曼荼羅]]、真言宗祖師伝などの絵画で荘厳されている他、大塔各所を警備するコンソールが置かれている。3階・4階はそれぞれ経蔵殿、法蔵殿と称し、信徒が奉納した不動明王の小像を多数安置している。5階は金剛殿と称し[[五智如来]]像を安置する。全館立ち入り自由(1階以外は土足厳禁)で、2階・5階では自分の守護仏を拝むことができる。地下には各国の[[元首]]から寄せられた「平和へのメッセージ」を封入した[[タイムカプセル]]が、落慶した[[1984年]](昭和59年)、記念に埋められている。このタイムカプセルは[[25世紀|2434年]]に再発掘・開封予定。
; 奥之院
光明堂の裏手にある、成田山新勝寺の本尊である不動明王の[[本地垂迹|本地仏]]である大日如来像が安置されている洞窟。通常は閉鎖されており、大日如来の祭礼である[[成田祇園祭]]の期間中(その他の例外も有り)のみ[[開帳]]される。
; 成田山公園
境内の東側一帯に広がる、池を中心とした大公園で、広さは165,000[[平方メートル|m<sup>2</sup>]]。
201

回編集