「郷土料理」の版間の差分

* 木村(1974)<ref>木村ムツ子、[https://doi.org/10.4157/grj.47.394 郷土料理の地理的分布] 地理学評論 Vol.47 (1974) No.6 P.394-401, {{doi|10.4157/grj.47.394}}</ref>は、
*# ある地域に古くから行われている食形態で他地方にはみられない特色を有し、その発生が明治以前であるものである。但し、北海道に限っては明治末期までとする。
*# 現在は比較的広範囲の各地の人々に食されているが、江戸時代っっっっっっっっっっっっっっっっっgまでは限られた範囲の地域の民衆生活のみ定着していた食形態であるもの。
*#までは限られた範囲の地域の民衆生活のみ定着していた食形態であるもの。
* 石川(2000)は、
** 種類や調理方法における地域性は、地形、気候、地域ごとの生産物といった自然的要因だけでなく、地域の人々の気質、宗教、産業技術の発達状況、時代・地域社会の思潮などの人為的要因によっても形成される。
匿名利用者