「アル・リヤド級フリゲート」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: メディア追加
{{Infobox 艦級
{| class="wikitable" style="clear:right; float:right; margin: 0em 0em 1em 1em; width: 300px; background:#ffffff"
|名称=アル・リヤド級フリゲート
|-
|画像=File:Royal Saudi Navy frigate Al Dammam (816) in May 2014.JPG
! colspan="3" style="color: white; height: 30px; background: navy;"| アル・リヤド級フリゲート
|画像説明=
|-
|建造所=[[DCNS|DCN]]ロリアン工廠
|colspan="3" style="text-align:center" |[[File:Royal Saudi Navy frigate Al Dammam (816) in May 2014.JPG|300px]]
|運用者={{navy|SAU}}
|-
|艦名=[[:Category:サウジアラビアの都市|サウジアラビアの都市]]
|-align=center
|建造期間=[[1999年]] - [[2004年]]
! colspan="3" style="color: white; height: 30px; background: navy;"| 艦級概観
|就役期間=[[2003年]] - 現在
|-
|艦種||colspan="2"|[[フリゲート]]
|建造数=3隻
|-
|原型艦={{flagicon|FRA}}[[ラファイエット級フリゲート|ラファイエット級]]
|艦名||colspan="2"|[[:Category:サウジアラビアの都市|サウジアラビアの都市]]
|前級=[[アル・マディーナ級フリゲート|アル・マディーナ級]]
|-
|次級=
|前級||colspan="2"|[[アル・マディーナ級フリゲート]]
|基準排水量=3,800 [[トン数|t]]
|-
|満載排水量=4,650 t
|次級||colspan="2"|(最新)
|全長=133.0 m
|-
|全幅=17.0 m
! colspan=3 style="color: white; height: 30px; background: navy;"|性能諸元
|吃水=4.4 m
|-
|機関=[[CODAD]]方式
| style="white-space:nowrap;" rowspan="2"|[[排水量]]
|主機=[[SEMT ピルスティク]]PA6-280 STC [[ディーゼルエンジン]]×4基
|colspan="2"|基準:3,800 [[トン数|t]]
|出力={{Convert|31800|hp|MW}}
|-
|推進=[[スクリュープロペラ]]×2軸
|colspan="2"|満載:4,650 t
|最大速力=25[[ノット]]
|-
|航続距離=7,000[[海里]](15kt巡航時)
|全長||colspan="2"|133.0 m
|乗員=士官25名+曹士155名
|-
|兵装=
|全幅||colspan="2"|17.00 m
*[[オート・メラーラ 76 mm 砲#コンパクト(コンパット)砲とスーパー・ラピッド砲|76mmスーパーラピッド砲]]×1基
|-
*[[20mm機関砲 F2|F2 20mm単装機銃]]×2基
|吃水||colspan="2"|4.40 m
*[[シルヴァー (ミサイル発射機)|シルヴァーA43]] [[VLS]](8セル)×2基
|-
**[[アスター (ミサイル)#アスター15|アスター15]][[艦対空ミサイル#個艦防空ミサイル|短SAM]]
|rowspan=3|機関
*[[エグゾセ|エグゾセMM40]] [[艦対艦ミサイル|SSM]] 4連装発射機×2基
|colspan=2|[[CODAD]]方式
*533mm連装[[魚雷発射管]]×2基
|-
|艦載機=[[AS 365 (航空機)|AS.365]][[汎用ヘリコプター]]×1機
|[[SEMT ピルスティク]]16 PA6 BTC[[ディーゼルエンジン]] (7,950 [[馬力|bhp]])||style="white-space:nowrap"|4基
|C4I=[[海軍戦術情報システム]]<br />([[TAVITAC#TAVITAC_2000|TAVITAC-2000]]+[[リンク 11]]/[[リンク 14|14]])
|-
|FCS=カスターIIC 砲FCS
|[[スクリュープロペラ]]||2軸
|レーダー=
|-
*ジュピター-08 対空捜索用×1基
|速力||colspan="2"|最大 25[[ノット]]
*[[アラベル (レーダー)|アラベル]] 多機能型×1基
|-
*カストールIIJ 砲射撃指揮用×1基
|style="white-space:nowrap; font-size:smaller" rowspan=2|航続距離||colspan="2"|7,000[[海里]] (15kt巡航時)
*デッカ20V90 航法用×2基
|-
|ソナー=
|colspan="2"|8,000海里 (12kt巡航時)
*[[スフェリオン・ソナー|スフェリオン]] 艦首装備式×1基
|-
*[[CAPTAS]] 曳航・可変深度式×1基
|乗員||colspan="2"|士官25名+曹士155名
|電子戦=
|-
*DR-3000S2 電波探知装置
|rowspan="5"|兵装
*アルテス 方向探知機
|[[オート・メラーラ 76 mm 砲#コンパクト(コンパット)砲とスーパー・ラピッド砲|76mmスーパーラピッド砲]]||1基
*サラマンダーB2 電波妨害装置
|-
*TRC-281 通信妨害装置
|[[20mm機関砲 F2|F2 20mm単装機銃]]||2基
*DAGAIE Mk.2 [[デコイ (兵器)|デコイ]]発射機×2基
|-
}}
|[[シルヴァー (ミサイル発射機)|シルヴァーA43]] [[VLS]]<br>([[アスター (ミサイル)#アスター15|アスター15]][[艦対空ミサイル#個艦防空ミサイル|短SAM]]; 8セル)||2基
|-
|[[エグゾセ|エグゾセMM40]] [[艦対艦ミサイル|SSM]] 4連装発射機||2基
|-
|533mm連装[[魚雷発射管]]||2基
|-
|[[艦載機]]
|[[AS 365 (航空機)|AS.365]][[汎用ヘリコプター]]||1機
|-
|[[C4Iシステム|C4I]]
|colspan="2"|[[海軍戦術情報システム]]<br />([[TAVITAC#TAVITAC_2000|TAVITAC-2000]]+[[リンク 11]]/[[リンク 14|14]])
|-
| style="white-space:nowrap; font-size:smaller" rowspan="4"|[[レーダー]]
|ジュピター-08 対空捜索用||1基
|-
|[[アラベル (レーダー)|アラベル]] 多機能型||1基
|-
|カストールIIJ 砲射撃指揮用||1基
|-
|デッカ20V90 航法用||2基
|-
|rowspan="2"|[[ソナー]]
|[[スフェリオン・ソナー|スフェリオン]] 艦首装備式||1基
|-
|[[CAPTAS]] 曳航・可変深度式||1基
|-
| style="white-space:nowrap; font-size:smaller" rowspan="5"|[[電子戦]]・<br />対抗手段
|colspan="2"|DR-3000S2 電波探知装置
|-
|colspan="2"|アルテス 方向探知機
|-
|colspan="2"|サラマンダーB2 電波妨害装置
|-
|colspan="2"|TRC-281 通信妨害装置
|-
|DAGAIE Mk.2 [[デコイ (兵器)|デコイ]]発射機||2基
|-
|}
'''アル・リヤド級フリゲート'''({{Lang-en|''Al Riyadh''-class frigate}})は、[[サウジアラビア海軍]]が運用する[[フリゲート]]の艦級。F-3000S型とも称される<ref name="Wertheim2013">{{Cite book|author=[[:en:Eric Wertheim|Eric Wertheim]]|title=[[:en:Combat Fleets of the World|The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition]]|year= 2013|publisher=[[:en:United States Naval Institute|Naval Institute Press]]|isbn=978-1591149545|pages=646-647}}</ref>。
 
上記の通り、原型艦は[[ソナー]]を備えていなかったが、本級では7キロヘルツ級の[[スフェリオン・ソナー]]を艦首に装備するほか、艦尾からは曳航・可変深度式の[[CAPTAS]]を展開することもできる。[[対潜兵器]]としては艦尾に533mm連装[[魚雷発射管]]を2基備えており、有線誘導式のF-17P長[[魚雷]]を運用できる。これは最大雷速40ノット、駛走距離{{Convert|20000|m|nmi|abbr=on}}の性能を備えている<ref name="Friedman1997"/>。
 
また対水上用には、原型艦と同様に[[エグゾセ|エグゾセMM40 ブロック2]][[艦対艦ミサイル]]を4連装発射機2基に収容して、中檣直後の中部甲板両舷に搭載している<ref name="Wertheim2013"/>。
 
== 配備 ==