「ソドム百二十日あるいは淫蕩学校」の版間の差分

 
のち1985年に、草稿は子爵の子孫によって売却され、ジュネーブの(主にエロティックな)稀覯書蒐集家であるジェラルド・ノルトマン<!--Gérard Nordmann-->(1930-1992)の手に渡った。草稿は2004年になって初めて、ジュネーブ近郊のマーチン・ボードマー基金<ref>[http://www.fondationbodmer.org/fr/musee.asp/2-0-217-4-4-1/3-0-218-5-3-0/ Fondation Bodmer - La bibliothèque Gérard Nordmann, '''Éros invaincu'']</ref>にて公開された。
 
その後所有していたフランスの投資会社アリストフィルが競売に出したが、2017年12月にフランス文化省によって競売の取り消しがなされ、国宝に指定される。2021年7月10日、455万ユーロ(約6億円)でフランス政府に買い上げられ、フランス国立図書館所蔵となる<ref>{{Cite web|title=サドの「ソドム百二十日」直筆原稿、仏政府が6億円で購入|url=https://www.afpbb.com/articles/-/3355956|website=www.afpbb.com|accessdate=2021-07-10|language=ja}}</ref>。
 
== あらすじと登場人物 ==
匿名利用者