「孝霊天皇」の版間の差分

m
m (リンクを追加)
宮([[皇居]])の名称は、『日本書紀』『古事記』とも'''[[庵戸宮|黒田廬戸宮]]'''(くろだのいおどのみや){{Sfn|黒田廬戸宮(国史)}}。
 
宮の伝説地は『[[和名類聚抄]]』の大和国[[城下郡]]黒田郷と見られ、現在の[[奈良県]][[磯城郡]][[田原本町]]黒田周辺と伝承される{{Sfn|黒田廬戸宮(国史)}}{{Sfn|孝霊天皇(古代氏族)|2010年}}。同地では、法楽寺境内に「黒田廬戸宮阯」碑が建てられている({{ウィキ座標Coord|34|34|4.77|N|135|46|30.21|E|region:JP-29|位置|name=伝・黒田廬戸宮阯}})<ref>[http://ryobo.fromnara.com/palace/p007-1.html 黒田廬戸宮](陵墓探訪記<個人サイト>)。</ref>(詳しくは「[[庵戸宮]]」を参照)。
 
== 陵・霊廟 ==
[[File:Tomb of Emperor Korei, haisho.jpg|thumb|200px|right|{{center|孝霊天皇 片丘馬坂陵<br>([[奈良県]][[北葛城郡]][[王寺町]])}}]]
[[天皇陵|陵]](みささぎ)の名は'''片丘馬坂陵'''(かたおかのうまさかのみささぎ)。[[宮内庁]]により[[奈良県]][[北葛城郡]][[王寺町]]本町3丁目の丘陵に治定されている({{ウィキ座標Coord|34|35|22.56|N|135|42|6.19|E|region:JP-29|位置|name=片丘馬坂陵(孝霊天皇陵)}})<ref>[http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/successive_list.html 天皇陵](宮内庁)。</ref><ref>宮内省諸陵寮編[{{NDLDC|1237123/8}} 『陵墓要覧』](1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)8コマ。</ref>{{Sfn|片丘馬坂陵(国史)}}。宮内庁上の形式は山形。
 
陵について『日本書紀』では前述のように「片丘馬坂陵」、『古事記』では「片岡馬坂上」の所在とあるほか、『[[延喜式]]』諸陵寮では「片丘馬坂陵」として兆域は東西5町・南北5町、守戸5烟で遠陵としている{{Sfn|片丘馬坂陵(国史)}}。しかし後世に所伝は失われ、[[元禄]]の探陵で現陵に治定された{{Sfn|片丘馬坂陵(国史)}}。
239,771

回編集