「浜館」の版間の差分

 
== 歴史 ==
地名の由来は、浜辺近くに豪族の居館があったことにちなむという。元和2年に千葉左京之介平恒友が開拓に着手して成立。枝村として中浜館村(小柳村)、下浜館村(造道村)が成立したことから、[[上浜館村]]とも言う。古くから水田耕作中心の地域であった。[[1968年]](昭和43年)にもとの大字浜館の北部(現南佃、小柳の南端部)を[[東北本線]](現[[青い森鉄道線]])が移転してきた後、この鉄道の北側のもと浜館字見取(現[[南佃]]二丁目)に県営住宅が置かれ、周囲も宅地化した<ref>この項目、以上『角川日本地名大辞典 2 青森県』(1985年 角川日本地名大辞典編纂委員会 編)</ref>ものの、線路から南については平成初めまで水田が地区のほとんどを占めていた。平成に入ってから区画整理が行われてから、住宅地・[[商業地]]へと大きく変貌した。
 
== 交通 ==