「李鍾ソク」の版間の差分

編集の要約なし
大学を卒業すると、そのまま成均館大学校大学院政治外交学科へと進み、そこで[[朝鮮民主主義人民共和国]](北朝鮮)に親しみを持つ。定型化された北朝鮮論を改め、北朝鮮のありのままを知ろうと言う「独立門研究会」の一員として[[主体思想]]や[[金日成]]や北朝鮮の革命史等を学び、『北韓指導集団の抗日武装闘争の歴史的経験についての研究』や『朝鮮労働党の指導思想と構造変化に関する研究』等を著した。
 
1994年に世宗研究所に入ると、さらに専門的に北朝鮮の政治と南北関係を研究し、このころから対北宥和政策を[[メディア]]で本格的に主張するようになる。2000年には『現代北朝鮮の理解』を発表している。[[金大中]]政権が誕生すると、韓国政府が採用している[[太陽政策]]を強く支持したことから韓国政府に起用されるようになり、95年には統一相の政策諮問委員、さらに2000年の南北首脳会談では金大統領に同行して[[平壌]]をおとずれた。その後盧武鉉によって国家安全評議会の委員に任命された。2006年2月には統一部長官に任命されており、対北朝鮮政策を取り仕切る立場にっていたが、2006年9月に行われた北朝鮮の核実験及び、その後の[[国連]][[安全保障理事会]]の全会一致の採択によ対北朝鮮経済制裁に直面し、太陽政策の破綻が明らかになってきたため、職を辞することになった
 
==発言==
匿名利用者