「非メバロン酸経路」の版間の差分

段落構成を修正。
(段落変更。)
(段落構成を修正。)
'''非メバロン酸経路'''(ひメバロンさんけいろ、{{lang-en-short|non-mevalonate pathway}})は、[[テルペン|イソプレノイド]](テルペノイド)の出発物質となる[[イソペンテニル二リン酸]](IPP)と[[ジメチルアリル二リン酸]](DMAPP)の[[生合成]]経路である<ref>{{cite journal |author=Rohmer M |title=The discovery of a mevalonate-independent pathway for isoprenoid biosynthesis in bacteria, algae and higher plants |journal=Nat. Prod. Rep. |volume=16 |issue= 5|pages=565–574 |year=1999 |pmid=10584331 |doi=10.1039/a709175c |last2=Rohmer |first2=Michel}}</ref>。IPPとDMAPPの合成には他にも[[メバロン酸経路|メバロン酸回路]]が知られている。代謝中間体として2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸(MEP)および1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸(DXPまたはDOXP)を生合成することから、'''MEP経路'''、'''DXP経路'''、'''DOXP経路'''、'''MEP/DOXP経路'''とも呼ばれる。
 
非メバロン酸回路は主に[[細菌]]に分布している。しかし、[[光合成]]を行う真核生物がもつ[[葉緑体]]は、[[細胞内共生説|細胞内共生]]によって取り込んだ[[藍藻|シアノバクテリア]]由来の非メバロン酸経路によりIPPとDMAPPを生合成する<ref>{{Cite journal|last=Lichtenthaler|first=Hartmut K.|date=1999-06|title=THE 1-DEOXY-D-XYLULOSE-5-PHOSPHATE PATHWAY OF ISOPRENOID BIOSYNTHESIS IN PLANTS|url=http://www.annualreviews.org/doi/10.1146/annurev.arplant.50.1.47|journal=Annual Review of Plant Physiology and Plant Molecular Biology|volume=50|issue=1|pages=47–65|language=en|doi=10.1146/annurev.arplant.50.1.47|issn=1040-2519}}</ref>。[[アピコンプレックス門]]の原生動物も非メバロン酸経路をもつ。一方で光合成真核生物の[[細胞質]]および光合成をしない他の真核生物の大部分すべて[[メバロン酸経路]]を利用している。すべての[[古細菌]]および一部の細菌もメバロン酸経路を保持している。
 
[[メバロン酸経路]]、もしくは[[HMG-CoAレダクターゼ]]経路は、[[真核生物]]および多くの[[バクテリア]]の[[細胞]]において重要な代謝経路である。この経路で合成さるIPPおよびDMAPPは、タンパク質の[[プレニル化反応|プレニル化]]、[[細胞膜]]の維持調整、[[ホルモン]]、[[脂質固定タンパク質]]そして、[[N-グリコシル化|''N''-グリコシル化]]など様々な生合成経路に使われる分子[[テルペン|イソプレノイド]]化合物の基礎となる重要な分子である。
== イソプレノイド生合成経路の相違点 ==
[[メバロン酸経路]]、もしくは[[HMG-CoAレダクターゼ]]経路は、[[真核生物]]および多くの[[バクテリア]]の[[細胞]]において重要な代謝経路である。この経路で合成させるIPPおよびDMAPPは、タンパク質の[[プレニル化反応|プレニル化]]、[[細胞膜]]の維持、[[ホルモン]]、[[脂質固定タンパク質]]そして、[[N-グリコシル化|''N''-グリコシル化]]など様々な生合成経路に使われる分子の基礎となる重要な分子である。
 
== 反応経路 ==
古典的イソプレノイド生合成のメバロン酸経路と対照的に、[[植物]]と[[アピコンプレックス門]]の原生動物はそれらの[[色素体]]で非メバロン酸経路を使ってイソプレノイドを合成している<ref>{{cite journal |author=Lichtenthaler H |title=The 1-Deoxy-D-xylulose-5-phosphate pathway of isoprenoid biosynthesis in plants |journal=Annu Rev Plant Physiol Plant Mol Biol |volume=50 |issue= |pages=47–65 |year=1999 |pmid=15012203 |doi=10.1146/annurev.arplant.50.1.47}}</ref>。加えて、ほとんどの[[真正細菌]]は非メバロン酸経路でIPPとDMAPPを合成している。
 
[[ファイル:Non-mevalonate pathway.svg|800px|center]]
412

回編集