「池田祐久」の版間の差分

編集の要約なし
法律分野としては一般企業法務、[[コーポレートガバナンス]]、[[独占禁止法]]、[[危機管理]]を得意分野としている。その得意分野を評価され、省庁の委員や研究協力者も務めている。
 
[[日本経済新聞]]が毎年開催する「企業が選ぶ日本の弁護士ランキング」で、2011年から2013年では3年連続で総合ランキング外国法部門4位<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXNASGD0604Z_X01C11A2000000/?df=2 弁護士ランキング、震災対応・M&Aに高評価 2011年本社調査]、日本経済新聞、2011年12月15日、2019年12月4日閲覧</ref><ref>[https://www.shearman.com/perspectives/2012/12/leading-lawyers-selected-by-companies 企業が選ぶ弁護士ランキング]、シャーマンアンドスターリング、2012年12月19日、2019年12月4日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXNASFP17002_X11C12A2000000/?df=2 企業が選ぶ弁護士ランキング、1位は中村直人氏]、日本経済新聞、2012年12月19日、2019年12月4日閲覧</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXNASFP09007_Q3A211C1000000/?df=2 企業が選ぶ弁護士ランキング 企業法務1位は中村氏]、日本経済新聞、2013年12月16日、2019年12月4日閲覧。</ref><ref>[https://www.shearman.com/perspectives/2013/12/leading-lawyers-selected-by-companies 企業が選ぶ弁護士ランキング]、シャーマンアンドスターリング、2013年12月16日、2019年12月4日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO80769860R11C14A2I00000/?df=2 企業が選ぶ弁護士ランキング、企業法務部門1位は中村直人氏]、日本経済新聞、2014年12月22日、2019年12月4日閲覧</ref>、2014年には3位<ref>[https://www.shearman.com/perspectives/2014/12/leading-lawyers-selected-by-companies 企業が選ぶ弁護士ランキング]、シャーマンアンドスターリング、2014年12月22日、2019年12月1日閲覧。</ref>、2018年には9位にランクイン<ref>[https://www.shearman.com/perspectives/2018/12/leading-lawyers-selected-by-companies 企業が選ぶ弁護士ランキング]、シャーマンアンドスターリング 日本語サイト、2018年12月17日、2019年11月29日閲覧。</ref>し、法律業界紙にも日本を代表する弁護士として選ばれる<ref>{{Cite web|url=https://law.asia/ja/asia-business-law-journal/japan-lawyers-2020/#Masahisa-Ikeda|title=日本のトップ100人の弁護士に選ばれる|publisher=Asia Business Law Journal|accessdate=2021-07-14}}</ref>など国内外で高い評価を得ている。
 
== 主な経歴 ==
* 2017年- 東京財団政策研究所理事に就任<ref>[https://www.tkfd.or.jp/about/ 東京財団政策研究所公式ページより]、2019年12月4日閲覧。</ref>
* 2018年- ハーバード・ロー・スクール 執行委員に就任<ref>[http://www.alumni.law.harvard.edu/hlsa.html Harvard Law School Alumni(英文)の「Leadership」タブに掲載。]、2019年12月4日閲覧。</ref>
* 2021年- 紺綬褒章を受賞<ref>{{Cite web|url=https://www.facebook.com/International.House.of.Japan/posts/4162814383780530|title=池田祐久氏への紺綬褒章伝達セレモニー|publisher=[[国際文化会館]]|date=2021-05-10|accessdate=2021-07-14}}</ref>
 
ニューヨーク州を本拠地とする<ref>[https://www.marr.jp/marr/category/talk/entry/4992 アクティビズムとショートターミズム -ガバナンス・コード]、月刊MARR 2015年3月号
 
== メディア ==
[[法務]]専門誌<ref>[http://www.chuokeizai.co.jp/bjh/image3/201702mokuji.pdf 日本企業の弱点を克服 半贈賄コンプライアンス]、月刊ビジネス法務 2017年2月号、2019年12月1日閲覧。</ref>や、[[日刊紙]]、特に日本経済新聞に頻繁に[[国際法]](特に欧米法)に関してコメントを寄せている<ref>[https://www.nikkei.com/article/DGKKZO52359030Z11C19A1EE8000/ 外為法改正 消えぬ懸念(下)]、日本経済新聞、2019年11月19日、2019年12月1日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGKKZO45510680R30C19A5TCJ000/ 司法取引 企業は二の足 日本版導入1年]、日本経済新聞、2019年6月3日、2019年12月1日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGKKZO40779120R00C19A2TCJ000/ 企業法務・弁護士調査から③リーガルテック]、日本経済新聞、2019年2月4日、2019年12月1日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38560800V01C18A2TJ3000/ 司法取引「活用する」4割 本社調査]、日本経済新聞、2018年12月6日、2019年12月1日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32186300V20C18A6000000/ 日本経済新聞、2018年6月27日、2019年12月1日閲覧。]、日本経済新聞、2018年6月27日、2019年12月1日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30029160R00C18A5TJ1000/ パナソニックに制裁金 日本企業、海外子会社の管理課題] 、日本経済新聞、2018年5月1日、2019年12月1日閲覧。</ref><ref>[https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28494620T20C18A3TCJ000/ 訴訟対応か説明責任か、企業の新たな課題に]、日本経済新聞、2018年3月26日、2019年12月1日閲覧</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA0781S0X00C21A4000000/?unlock=1|title=改正外為法、事前審査免れ 中国テンセントの楽天出資|publisher=[[日本経済新聞]]|date=2021-04-20|accessdate=2021-07-14}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://kakaku.com/tv/channel=8/programID=10935/episodeID=268959/|title=Tencent-Rakuten deal exposes limits of Japan investment rules - Chinese tech group's stake was not subject to national security prescreening
|publisher=[[Nikkei Asian Review]]|date=2021-04-20|accessdate=2021-07-14}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC044GA0U1A700C2000000/|title=三菱電機、空調装置を海外15ヵ国に納入 当局の調査も|publisher=[[日本経済新聞]]|date=2021-07-06|accessdate=2021-07-14}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://asia.nikkei.com/Business/Electronics/Scandal-hit-Mitsubishi-Electric-supplied-train-equipment-for-NY-London|title=Scandal-hit Mitsubishi Electric supplied train equipment for NY, London - Air conditioners that potentially underwent fake inspections delivered to 15 countries|publisher=[[Nikkei Asian Review]]|date=2021-07-06|accessdate=2021-07-14}}</ref>。