「トーマス・バッハ」の版間の差分

→‎功績: de:Thomas Bach から一部和訳
(参照エラー修正、およびURLのアーカイブ化)
(→‎功績: de:Thomas Bach から一部和訳)
タグ: メディア追加
== 功績 ==
自身が推進してきた『[[オリンピック・アジェンダ2020]]』は、世界中から寄せられた4万件以上のオリンピックに対する意見を40項目に集約したもの。2014年12月のIOC臨時総会で、この40の改革案すべてが満場一致で採択された<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20160304191053/http://tvstation.jp/sport/olympic-verification/6578/|title = 2020年東京オリンピックでの追加競技は?|publisher = tvstation.jp |date = |accessdate = 2019-11-01}}</ref>。このアジェンダに基づき追加種目制度、男女混合種目の増加、女子種目の増加、複数都市共催大会([[2026年冬季オリンピック|2026年冬ミラノ/コルティナ・ダンペッツォオリンピック]])開催決定と実績を上げている。アジェンダには脱コンパクト五輪である「主催都市ではない他の都市への分散開催を、開催国家の中で可能とする」アジェンダが含まれていた。このアジェンダが守れない場合、開催都市として立候補は行えない<ref>{{Cite web |url = https://web.archive.org/web/20191102015213/https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191031/dom1910310002-n2.html|title = 最悪の場合「東京開催」剥奪も!? 小池都知事、五輪マラソン問題でIOCと徹底抗戦も…識者「都がいつまでも不満述べるなら…」 |publisher = www.zakzak.co.jp |date = |accessdate = 2019-11-02}}</ref>。
 
== 批判 ==
トーマス・バッハは、2000年代に入ってから[[シーメンス]]社と[[コンサルタント|コンサルティング]]契約を結んでいたことが2008年4月に明らかになり、批判を浴びた。この契約では、2008年に40万ユーロの報酬が支払われ、1日あたり5,000ユーロの追加費用が支給されていた。バッハは、シーメンスグループのためにアラブ諸国からの招待状を手配したと言われている。シーメンス社の監査役会メンバーは、このような高額な料金で日当を追加で支払うのは「まったく普通ではない」と批判した。また、シーメンスがスポーツ関連の契約で利益を得ていたことから、[[利益相反]]の可能性や、職業上の活動とスポーツ当局者としての活動が重なっているとの批判もあった<ref name=sueddeutsche>{{cite web | url=http://www.sueddeutsche.de/sport/sportpolitik-heikle-details-1.183012 | title=Heikle Details | author=Thomas Kistner, Klaus Ott | work=[[南ドイツ新聞]] | date=2008-04-26 | accessdate=2012-10-13 }}</ref><ref name=spiegel>{{cite web | url=http://www.spiegel.de/wirtschaft/siemens-affaere-ioc-vize-bach-und-cdu-abgeordneter-adam-in-erklaerungsnot-a-579340.html | title=IOC-Vize Bach und CDU-Abgeordneter Adam in Erklärungsnot | werk=[[デア・シュピーゲル|Spiegel Online]] | date=2008-09-20 | accessdate=2012-10-13 }}</ref><ref>{{cite web | author=Achim Tack | url=http://www.spiegel.de/sport/sonst/siemens-affaere-ioc-vize-bach-noch-staerker-unter-druck-a-582161.html | title=IOC-Vize Bach noch stärker unter Druck | work=[[デア・シュピーゲル|Spiegel Online]] | date=2008-10-04 | accessdate=2012-10-13 }}</ref>。
 
2008年6月14日、[[国際オリンピック委員会]]の副会長としての職務において、委員会が特に制限された情報政策を行っていたとして、ジャーナリスト協会「{{仮リンク|ネッツヴェルク・レシェルシェ|de|Netzwerk Recherche}}」から不名誉な「{{仮リンク|閉じた牡蠣賞|de|Verschlossene Auster}}」を授与された<ref name=recherche-info.de />。 賞の受賞理由書によると、委員会は「長年にわたり、大会の裁定における汚職や利益相反」を容認しており、「情報政策」で「フェアプレー」とは正反対の運営を行っていたという<ref name=recherche-info.de>{{cite web|url=https://netzwerkrecherche.org/stipendien-preise/verschlossene-auster/verschlossene-auster-2008-an-das-internationale-olympische-komitee-ioc/|title=Verschlossene Auster an das Internationale Olympische Komitee (IOC)|publisher=netzwerk recherche e.&nbsp;V.|date=2008-06-14|accessdate=2015-11-28}}</ref>。
 
[[ドイツ民主共和国]](東ドイツ)のスポーツ担当官Karl-Heinz Wehrが担当した[[非公式協力者]]の{{仮リンク|シュタージ記録|de|Stasi-Unterlagen}}によると、バッハは1986年に[[国際ボクシング協会 (AIBA)]] の会長である{{仮リンク|アンワル・チョードリー|en|Anwar Chowdhry}}の選挙を操作するための話し合いに参加していた<ref name="spiegel-8947269">{{cite web |url=https://www.spiegel.de/sport/schatztruhe-geoeffnet-a-f4cbe16d-0002-0001-0000-000008947269|title= Schatztruhe geöffnet|date=1996-07-14|work=Der Spiegel|accessdate=2021-07-14 }}</ref>。
 
バッハは、{{仮リンク|アラブ・​ドイツ商工会議所|de|Ghorfa}}(Ghorfa)の会長としての行動が批判された。Ghorfaは、アラブ諸国への輸出を希望する企業の貿易書類を認証している。これは、製品に[[イスラエル]]製の部品が含まれていないことを証明するものである。これは1970年代に[[アラブ連盟]]のイスラエル・ボイコットの一環として導入された<ref>Grit Hartmann: [http://www.berliner-zeitung.de/sport/streit-um-ioc-vorsitz-im-schnittbereich,10808794,23532474.html ''Im Schnittbereich.''] In: ''[[ベルリナー・ツァイトゥング|Berliner Zeitung]]'', 27. Juni 2013.</ref><ref>{{cite web | url=https://www.fr.de/sport/sport-mix/kuehler-netzwerker-11331472.html | title=Ein kühler Netzwerker | author=Grit Hartmann, Jens Weinreich | work=Frankfurter Rundschau | date=2012-07-25 | accessdate=2014-12-20 }}</ref>。
 
[[File:2014 Winter Olympics opening ceremony (2014-02-07) 05.jpeg|thumb|トーマス・バッハと[[ウラジーミル・プーチン]]([[2014年ソチオリンピック|2014年ソチ冬季オリンピック]])。]]
 
2016年、バッハはロシアの国ぐるみのドーピング事件の一環として、大きな批判を受けた。バッハは、個人的に親しくしているロシア大統領[[ウラジミール・プーチン]]のシンパであり、そのため個人的な理由から、ロシアの情報機関や当局が隠蔽し、[[ロシア反ドーピング機関]](RUSADA)が運営するロシアのトップアスリートの大量の国家ドーピングに対して、IOC内で一貫した行動を取らなかったと非難された<ref>{{cite web | url=http://www.spiegel.de/sport/sonst/olympische-spiele-ioc-laesst-russland-in-rio-starten-a-1104484.html | title=Dabei sein ist alles | author=Jens Weinreich | work=Spiegel Online| date=2016-07-24 |accessdate=2016-07-28 }}</ref>。
 
バッハは1994年7月から[[ドイツ連邦共和国]]の外交旅券を所持している。バッハはIOCで「ドイツの特別な関心事」を追求するためにこれを受け取ったが、これはIOCのメンバーには規約で禁止されている。その後、パスポートは何度か延長されている。[[外務省 (ドイツ)|ドイツ外務省]]はこれを事後的に正当化することができなかった<ref>{{cite web | url=http://www.sueddeutsche.de/sport/ioc-neue-irritationen-um-thomas-bachs-diplomatenpass-1.3230555 | title=Neue Irritationen um Thomas Bachs Diplomatenpass | author=Johannes Aumülle, Thomas Kistner | work=[[Süddeutsche Zeitung]] | date=2016-11-02 |accessdate=2016-11-04 }}</ref>。
 
スポーツ当局者の{{仮リンク|パット・ヒッキー (スポーツ当局者)|en|Pat Hickey (sports administrator)|label=パット・ヒッキー}}に対する汚職捜査で、バッハはブラジル警察への証人喚問を拒否した。また、バッハは[[2016年リオデジャネイロパラリンピック|2016年パラリンピック]]にも姿を見せなかった<ref>{{cite web | url=http://www.sueddeutsche.de/sport/ioc-brisante-mails-an-thomas-bach-1.3151970 | title= Brisante Mails an Thomas Bach | autor=Johannes Aumüller und Thomas Kistner | work=[[南ドイツ新聞]] | date=2016-09-07 |accessdate=2016-11-21 }}</ref><ref>{{cite web | url=http://www.zeit.de/sport/2016-09/thomas-bach-paralympics-ioc-kommentar | title= Nun beschämt er auch noch den Behindertensport | author= Fabian Scheler | work=Die Zeit | date=2016-09-08 |accessdate=2016-11-21 }}</ref>。
 
2020年、[[Twitter]]を通じて配信された「[[2020年東京オリンピック|東京2020オリンピック]]の予選を通過した選手たちが予選通過のままであることは明らかです」<ref name="SPON-1788752ad280">{{cite web|autor=ara |url=https://www.spiegel.de/sport/olympia/ioc-praesident-thomas-bach-gibt-schon-qualifizierten-sportlern-startrecht-garantie-fuer-olympia-in-tokio-a-f3eaabb2-fb35-4606-973f-1788752ad280 |title=Tokio 2021: Bach garantiert schon qualifizierten Sportlern Startrecht für Olympische Spiele |work=Spiegel Online |date=2020-03-28 |accessdate=2020-05-14}}</ref>という発言が批判された。バッハの決定は、「スポーツの公平性とはあまり関係のないグロテスクな状況を生み出している」とピーター・トレビングは書いている。これは、すでに予選を通過した選手よりも2021年に著しく優れている可能性のある競技者に不利益を与えるためである<ref>Der Sonntag (Karlsruhe), 29. März 2020, S. 13.</ref>。
 
==顕彰==