「バイオハザード RE:2」の版間の差分

m
内容の追加、修正
m (内容の追加、修正)
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
==== レオン編の武器 ====
; [[H&K VP70|マチルダ(H&K VP70)]]
: レオンの初期装備として登場するハンドガン。弾薬は[[9mmパラベラム弾]]。初期状態では、装弾数は12発。カスタムパーツはオリジナル版と同じ「バーストストックホルスター」に加え「ロングマガジン」と「[[マズルブレーキ]]」。バーストストックホルスターを装着すると3点バースト射撃が可能となる。ロングマガジンを装着すると装弾数が24発に増加し、リロードする時間が短縮される。マズルブレーキを装着すると発射時の跳ね上がりが抑えられる。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ストックホルスターを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。オリジナル版では単発と3点バーストのモード切り替えになっているのに対し、今作ではモード切り替えではなくストックホルスター着脱時に変化するようになった。
; [[レミントンM870|W 870(レミントンM870)]]
: ショットガン。警察署の備品保管庫で入手出来る。弾薬は12ゲージショットシェル。初期状態では、ショートバレル、ストックレス仕様のブリーチャーモデルで、装弾数は4発。カスタムパーツはオリジナル版と同じ「ロングバレル」と「ストック」。ロングバレルを装着すると装弾数が8発に増加し、弾速が向上する事に伴い、弾の拡散が抑制され、威力が向上する。ストックを装着すると反動が軽減され、連射速度が向上する。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ロングバレルを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。オリジナル版のカスタムショットガンより比べると撃った後の反動が無くなり、安定する構えとなった。
; [[デザートイーグル|ライトニングホーク(デザートイーグル)]]
: マグナム銃。S.T.A.R.S.オフィスで入手出来る。弾薬は[[.50 Action Express|.50AE弾]]。初期状態では、ステンレスモデルで、装弾数は7発。カスタムパーツは「ロングバレル{{efn2|今作ではRE:2モデルとなっており、オリジナル版のデザインとは異なる}}と「[[ダットサイト]]」。ロングバレルを装着すると、射撃ブレが軽減する上、弾速が速くなり破壊力も向上する。ダットサイトを装着すると、素早い照準が可能になる。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ロングバレルを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。オリジナル版のカスタムマグナムより比べると撃った後の大きな反動がなくなり、連射速度はこちらが優れている。
; [[火炎放射器|化学燃料火炎放射器]]
: アンブレラ製火炎放射器。下水道の資材置き場で入手出来る。予備弾薬であるタンク入りの「燃料」を装着すると400秒間にわたって炎を噴射することができる。カスタムパーツは「[[レギュレーター]]」。装着すると、火炎放射の時間を延ばすことができる。
; [[M202ロケットランチャー|対戦車ロケット(M202)]]
: ロケットランチャー。スーパータイラント戦でエイダより渡される専用武器で、4発まで発射する可能
; [[モーゼルHSc|ブルームHc(モーゼルHSc)]]
: ハンドガン。エイダの初期装備として登場する。弾薬は9mmパラベラム弾で、装弾数は9発。設定上、『One of five thousand(5000丁の内の1丁)』との事。レオン編で操作がエイダに切り替わった時のみ使用する。
: 『The Ghost Survivors』の「No way out」ではダニエル保安官の初期装備として無限弾仕様の物が登場する。
; [[M1911|M19(コルト・ガバメント)]]
: ハンドガン。レオン編の2ndシナリオで警察署の裏口に繋がる路地の部屋にて入手でき出来る初期装備。弾薬は「大型拳銃の弾」([[.45ACP弾]])で、装弾数は7発。マチルダとは異なり、横向きに寝かせた構えで射撃する。
==== クレア編の武器 ====
; [[S&W M36#ボディーガードシリーズ|SLS60(S&W M49)]]
: リボルバー銃。クレアの初期装備として登場する。初期状態では、グリップ[[アダプター]]が装着されており、装弾数は5発と少ないが、クリティカル率が高い。弾薬は9mmパラベラム弾。カスタムパーツは「[[スピードローダー]]」と「強化フレーム<ref group="注">ブルバレル、ノンフルーテッドシリンダー、ラバーグリップのセットとなっている。</ref>」。スピードローダーを装着すると、リロードする時間が短縮される。強化フレームを装着すると、9mmパラベラム弾に加え、マグナム弾と同等の威力があるSLS強化弾([[.357マグナム弾]])が使用できるようになる。
: 『The Ghost Survivors』の「Runaway」ではキャサリンの初期装備として登場。
; [[FN ブローニング・ハイパワー|JMB Hp3(ブローニングHP)]]
: オリジナル版クレア編と同様のハンドガン。警察署B1Fの駐車場内の[[パトカー]]のトランクから入手できる。弾薬は9mmパラベラム弾で、初期状態では、装弾数は13発。レーザーサイトが最初からデフォルトで装着されている。カスタムパーツ「ロングマガジン」で、装着すると装弾数が26発に増加し、リロード時間が短縮される。
: レーザーサイトは常時「Fit(狙い撃ち)」状態のため、クリティカル率を除いて実質的な本作最高性能のハンドガン。
; [[M79 グレネードランチャー|GM79(M79グレネードランチャー)]]
: グレネードランチャー。警察署の備品保管庫で入手出来る。弾薬は焼夷弾と硫酸弾の2種類であり、このうち硫酸弾はガンパウダーの精製でのみ入手可能であり、リッカーに有効である。一方、焼夷弾はマップ上から入手できるが、ガンパウダーの精製では入手できず、こちらはイビーに有効である。
: 初期状態ではストックレス仕様のソードオフモデルとなっており、カスタムパーツ「ストック<ref group="注">ショルダーストックと照準器のセットとなっている。</ref>で、装着すると、安定した弾道の換射が可能となり、標的レティクルの枠が狭くなる。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ストックを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。
; [[イングラムM10#イングラムM11|MQ11(MAC-11)]]
: サブマシンガン。弾薬は[[.380ACP弾]]で、初期状態ではストックが伸長されておらず、装弾数は24発。カスタムパーツは「ロングマガジン」と「[[サプレッサー]]」。ロングマガジンを装着すると、装弾数が50発に増加。サプレッサーを装着すると、重心が前方に傾き、同時にショルダーストックも伸長される事で、射撃のブレがなくなり発射音が静かになる{{efn2|これにより、聴覚を頼りに獲物の位置を把握するリッカーにも発見されにくくなる。}}。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、サプレッサーを装着するとアイテム2つ分の大きさになる。
; スパークショット
: 実験動物撃退用のアンブレラ製高電圧銃。下水道の資材置き場で入手出来る。予備弾薬である「ニードルカートリッジ」を装着すると7発まで発射できる。カスタムパーツは「高電圧[[コンデンサ]]」。装着すると、通常よりも高い電圧を流すことができるようになり、連続放電の時間も短縮される。リッカー、G生物に有効。オリジナル版では電撃を放った直後で反動し後退していくのに対し、今作では反動は無く敵にニードルカートリッジを撃ち込んでから高電圧のチャージする間に歩きながらの移動が可能になる。ただし、高電圧チャージを満たした直後に敵との距離を離れすぎるとダメージは与えられない。
; [[M134 (機関銃)|ミニガン(M134)]]
: ガトリングガン。脱出用の列車のターンテーブル内にあるコントロールルームで入手出来る。G第4形態戦専用で、装弾数は400発。補充用の予備弾薬はない。特定の条件を満たすと弾数無限のミニガンを入手することができ、こちらはレオン編でも使用できる。『The Ghost Survivors』の「No Way Out」では、リハーサル時に、最初に開く扉から見える柱に付いているゴキブリを撃つと、最初に出てくるバックパックを背負ったゾンビから弾数無限のガトリングを入手することができる。
; [[コルト・シングル・アクション・アーミー|クイックドロウ・アーミー(コルトS.A.A.)]]
: リボルバー銃。クレア編の2ndシナリオで、警察署の裏口に繋がる路地の部屋で入手可能。弾薬は「大型拳銃の弾」(.45ACP弾)で、装弾数は6発。グリップに翼のエングレーブがデザインされている。SLS60とは異なり、ファニング(利き手で引き金を引いたまま、もう片方の手で撃鉄を連続して弾く)で射撃する。
 
==== その他 ====
: 緊急回避時はゾンビやリッカーなどの雑魚敵には相手の口に押し込み脱出、タイラントなどのボス級の敵は相手の足元に投げつける。前者は仕掛けた敵の頭部に銃弾を当てる事で即座に爆発させる事が可能。
: なお、視力がなく聴力が発達したリッカーも、閃光自体は効かないが爆音の効果は受ける。
; [[M26手榴弾|破片手榴弾(M61(M26手榴弾)]]
: 爆発と同時に無数の金属破片を飛び散らせる。マグナム級の威力があり、多くの敵を巻き込むことができる。緊急回避時は閃光手榴弾と同様。