「非メバロン酸経路」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''非メバロン酸経路'''(ひメバロンさんけいろ、{{lang-en-short|non-mevalonate pathway}})は、[[テルペン|イソプレノイド]](テルペノイド)の出発物質となる[[イソペンテニル二リン酸]](IPP)と[[ジメチルアリル二リン酸]](DMAPP)の[[生合成]]経路である<ref>{{cite journal |author=Rohmer M |title=The discovery of a mevalonate-independent pathway for isoprenoid biosynthesis in bacteria, algae and higher plants |journal=Nat. Prod. Rep. |volume=16 |issue= 5|pages=565–574 |year=1999 |pmid=10584331 |doi=10.1039/a709175c |last2=Rohmer |first2=Michel}}</ref>。IPPとDMAPPの合成には他にも[[メバロン酸経路|メバロン酸回路]]が知られている。代謝中間体として2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸(MEP)および1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸(DXPまたはDOXP)を生合成することから、'''MEP経路'''、'''DXP経路'''、'''DOXP経路'''、'''MEP/DOXP経路'''、または発見者の名前をとって'''ローマー回路'''とも呼ばれる。
 
非メバロン酸回路は主に[[細菌]]に分布している。しかし、[[光合成]]を行う真核生物がもつ[[葉緑体]]は、[[細胞内共生説|細胞内共生]]によって取り込んだ[[藍藻|シアノバクテリア]]由来の非メバロン酸経路によりIPPとDMAPP生合成す保持している<ref>{{Cite journal|last=Lichtenthaler|first=Hartmut K.|date=1999-06|title=THE 1-DEOXY-D-XYLULOSE-5-PHOSPHATE PATHWAY OF ISOPRENOID BIOSYNTHESIS IN PLANTS|url=http://www.annualreviews.org/doi/10.1146/annurev.arplant.50.1.47|journal=Annual Review of Plant Physiology and Plant Molecular Biology|volume=50|issue=1|pages=47–65|language=en|doi=10.1146/annurev.arplant.50.1.47|issn=1040-2519}}</ref>。[[アピコンプレックス門]]の原生動物も非メバロン酸経路をもつ。一方で光合成真核生物の[[細胞質]]および光合成をしない他の真核生物の大部分は[[メバロン酸経路]]を利用している。すべての[[古細菌]]および一部の細菌も光合成真核生物を除けば、非メバロン酸経路を保持は細菌にしか分布していない(古細菌では見つかっていない)
 
合成されるIPPおよびDMAPPは、タンパク質の[[プレニル化反応|プレニル化]]、[[細胞膜]]の調整、[[ホルモン]]、[[脂質固定タンパク質]]そして、[[N-グリコシル化|''N''-グリコシル化]]など様々な生合成経路に使われる[[テルペン|イソプレノイド]]化合物の基礎となる重要な分子である。
396

回編集