「ヴァールブルク」の版間の差分

m
m (→‎人物: cl)
タグ: メディア追加 メディア除去
タグ: メディア追加 メディア除去
 
[[File:POL Prochowice COA.svg|left|50px]] [[第二次世界大戦]]終戦後、ポーランド、{{仮リンク|レグニツァ郡|de|Powiat Legnicki|en|Legnica County}}のプロホビツェ周辺から約 600人の[[ドイツ人追放|放逐民]]がヴァールブルクにやって来て、デッセル難民収容所あるいは周辺地域に収容された。ヴァールブルクでは、プロホビツェからの放逐民のミーティングを定期的に開催している。1996年にはプロホビツェの市長が初めてこれに参加し、政治上の代表者とコンタクトを取ることができた。1997年2月25日ヴァールブルク市の市議会は、公式の姉妹都市協定を決議した。同年に推進協会が組織され、1998年10月10日に姉妹都市協定文書に署名がなされた。姉妹都市関係は行政、文化、音楽、舞踊、スポーツ分野での相互交流を通じて活かされている。
[[File:Ledegem (fusiegemeente) - wapenschildwapen.jpgsvg|left|50px]] ヴァールブルク市ユーゲントオーケストラは、ベルギー、ウェスト=フランデレン州レデゲムの市区である Sint-Eloois-Winkel の音楽愛好会と1983年から友好関係にあった。定期的に双方のコンサートに客演し、友好関係を育てていた。1998年3月24日ヴァールブルク市議会は、姉妹都市協定締結を決議した。1998年5月1日から3日の St.-Eloois-Winkel の祝祭週間と 1998年10月9日から11日のヴァールブルクの祝祭週間の 2つの祝祭週間の機会に姉妹都市協定文書に署名がなされた。この姉妹都市関係では、コンサートを含む音楽交流や相互訪問が注目を集めている。ヴァールブルク消防団のホーエンヴェーペル消防班とレデゲム消防団との間で別の姉妹関係も結ばれ、定期的な間隔で訪問がなされている。
[[File:Wappen Stadt Falkenberg-Elster.png|left|50px]] [[ドイツ再統一]]後の1990年に、ヴァールブルクとブランデンブルク州ファルケンベルク/エルスターとの間でコンタクトが生じた。当初は、行政や議会の構築援助に関する交流であった。1991年に公式な友好都市関係が成立した。1992年から交流は、特に文化、観光分野で深まった。友好都市関係樹立10周年の2001年にファルケンベルクで記念樹が植えられ、記念の石碑が設置された。2005年からファルケンベルクにヴァールブルガー広場が、ヴァールブルクにファルケンベルク通りが設けられた。
[[File:Wappen at walchsee.svg|left|50px]] 音楽協会、ケーゲルクラブ、シェルフェーデ地区の人々は、すでに長期間にわたってオーストリア、チロル州ヴァルヒゼーと民間レベルでコンタクトを続けていた。1991年9月15日にシェルフェーデ地区委員会は公的な友好協定締結を決議した。この友好都市協定文書は1992年5月23日にシェルフェーデで署名された。
306

回編集