「ぴえん」の版間の差分

rvv
(書かない)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター 差し戻し済み
(rvv)
タグ: 手動差し戻し
{{Redirect|ぱおん|その他|パオン}}
[[File:PIEN_face.jpg|250px|thumb|right|「ぴえん」の顔文字の一例]]
'''ぴえん'''は、[[泣く|泣いているさま]]を表す[[擬態語]]。泣き声の「ぴえーん」を省略し、[[ソーシャル・ネットワーキング・サービス|SNS]]上や[[電子メール|メール]]などのやり取りで「(涙)」の意味でより汎用性の高い言葉として使われる<ref>{{Cite web|title=2019年、女子中高生の流行語は「ぴえん」「べびたっぴ」/人気アプリは「SODA」【AMF調べ】|url=https://markezine.jp/article/detail/32499|website=MarkeZine|accessdate=2020-07-15|language=ja}}</ref><ref name=":0">{{Cite web|title=この言葉知ってる?2020年上半期のインスタ流行語1位は「ぴえん」…「ぱおん」「きゅんです」もブームに|まいどなニュース|url=https://maidonanews.jp/article/13470065|website=まいどなニュース|accessdate=2020-07-15|language=ja-JP}}</ref><ref name=":1">{{Cite web|title=橋本環奈は細やかな表現の達人? 「ぴえん」「ぱおん」に気遣いが...(J-CASTニュース)|url=https://www.j-cast.com/2020/07/13390047.html?p=all|accessdate=2020-07-15|language=ja}}</ref>。悲しい時にも嬉しい時にも使用され、深刻さは伴わない<ref name=":3">{{Cite web|title=針スピ子『「ぴえん」のうた』が巷で大流行中!中毒性の裏に隠れた歌詞が深い!? - めるも|url=https://utaten.com/specialArticle/index/5346|website=UtaTen|accessdate=2020-07-15|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=「ぴえん」の奥にある声 湊かなえ|好書好日|url=https://book.asahi.com/article/13249362|website=好書好日|accessdate=2020-12-01|language=ja}}</ref>。目を潤ませた[[携帯電話の絵文字|絵文字]](Pleading Face〈訴えかける顔<ref name=":9" />〉、{{絵文字フォント|&#x1F97A;}})とともに用いられることが多い<ref name=":3" /><ref name=":2">{{Cite web|title=寝過ごした先は「ぴえん駅」フェイクの駅名標に騙される人も|url=https://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/307872.html?p=all|website=Jタウンネット|accessdate=2020-07-15}}</ref><ref name=":8">{{Cite web|title=Z世代にウケる「ぴえんのうた」 制作者が明かすバズりの肝|url=https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00630/|website=日経クロストレンド|accessdate=2021-06-26|language=ja|last=日経クロストレンド}}</ref>。
ぴえんって可愛いよね🥺🥺🥺🥺🥺🥺🥺
 
== 経緯・概要 ==
[[2018年]]11月頃から女子中高生の間で使用されるようになり、男女問わず幅広い世代に浸透した<ref name=":3">{{Cite web|title=針スピ子『「ぴえん」のうた』が巷で大流行中!中毒性の裏に隠れた歌詞が深い!? - めるも|url=https://utaten.com/specialArticle/index/5346|website=UtaTen|accessdate=2020-07-15|language=ja-JP}}</ref>。2019年には[[椎木里佳#株式会社AMF|AMF]]の「[[女子中学生|JC]]・[[女子高生|JK]]流行語大賞2019」コトバ部門の1位<ref>{{Cite web|title=JC・JK流行語大賞2019が発表 「Official髭男dism」「ぴえん」「ハンドクラップダンス」「Soda」などがランクイン|url=https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1912/09/news048.html|website=ITmedia ビジネスオンライン|accessdate=2020-07-15|language=ja}}</ref>、[[Twin Planet]]の「2019年ギャル流行語大賞」の2位<ref>{{Cite news|title=ギャル流行語大賞:2019年の大賞は「KP」 意味は… 「ぴえん」「わかりみが深い」「3150」「語彙力」続く|newspaper=まんたんウェブ|date=2019-12-04|url=https://mantan-web.jp/article/20191204dog00m200040000c.html|accessdate2020-07-16}}</ref>、2020年には[[Instagram]]メディア「Petrel(ペトレル)」の「2020年上半期インスタ流行語大賞」流行語部門の1位に選ばれた<ref name=":0">{{Cite web|title=この言葉知ってる?2020年上半期のインスタ流行語1位は「ぴえん」…「ぱおん」「きゅんです」もブームに|まいどなニュース|url=https://maidonanews.jp/article/13470065|website=まいどなニュース|accessdate=2020-07-15|language=ja-JP}}</ref><ref name=":2">{{Cite web|title=寝過ごした先は「ぴえん駅」フェイクの駅名標に騙される人も|url=https://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/307872.html?p=all|website=Jタウンネット|accessdate=2020-07-15}}</ref>。言葉が生まれた経緯は不明だが、[[女性アイドルグループ]]・[[虹のコンキスタドール]]に所属していた[[片岡未優]]が作った言葉とする説<ref>{{Cite web|title=「安心安全なアイドル」苦楽を共にした“みゆまり”が語る虹コンの魅力|url=https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/1129|website=WANI BOOKS NewsCrunch|date=2020-09-09|accessdate=2021-02-07|language=ja}}</ref>やインターネット関連サービス・[[Yahoo!]]の分析によると、2018年8月頃に[[埼玉県]]で検索され始めたという調べ<ref>{{Cite news |和書|title=「マジ卍」は岡山発祥!? ヤフーが流行語検索データ分析 |newspaper=山陽新聞 |date=2021-02-06 |author= |url=https://www.sanyonews.jp/sp/article/1097718?rct=syuyo |accessdate=2021-02-07}}</ref>がある。
 
ぴえんの「上位互換」として、[[YouTuber]]の[[まあたそ]]の発信によって流行した、より悲しみの度合いが強い言葉としての「'''ぱおん'''」という表現も生じ<ref name=":0" /><ref name=":1">{{Cite web|title=橋本環奈は細やかな表現の達人? 「ぴえん」「ぱおん」に気遣いが...(J-CASTニュース)|url=https://www.j-cast.com/2020/07/13390047.html?p=all|accessdate=2020-07-15|language=ja}}</ref>、「2020年上半期インスタ流行語大賞」流行語部門の4位にランクインしている<ref name=":0" />。「ぴえん」と組み合わせた関連用語の「'''ぴえんこえてぱおん'''」は「JC・JK流行語大賞2020上半期」コトバ部門で5位にランクインした<ref>{{Cite web|title=JC・JK流行語大賞2020年上半期を発表 「◯◯しか勝たん」「ぴえんこえてぱおん」がランクイン!:時事ドットコム|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=000000015.000017469&g=prt|website=時事ドットコム|accessdate=2020-07-15|language=ja}}</ref>。更なる進化系として、[[TikTok|TikToker]]のけんちょす([[スクランブルガム|高橋憲太]])によって「'''ぴえんヶ丘どすこい之助'''」という表現も生み出され、こちらは「JC・JK流行語大賞2020」コトバ部門で3位にランクインした<ref>{{Cite press release|title=JC・JK流行語大賞2020を発表 「きゅんです」「ぴえんヶ丘どすこい之助」がランクイン!|publisher=JC・JK流行語大賞2020を発表 「きゅんです」「ぴえんヶ丘どすこい之助」がランクイン!|date=2020-11-30|url=https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000017469.html|accessdate=2020-12-01}}</ref>。
 
ITジャーナリストの[[井上トシユキ]]は、「ぴえん」「ぱおん」は共に単語の先頭がかわいらしく聞こえる[[半濁音]]になっていることから、「うわん」「びえん」よりも小泣き感が強いと分析している<ref>{{Cite news|title=橋本環奈は細やかな表現の達人? 「ぴえん」「ぱおん」に気遣いが...|newspaper=J-CASTニュース|date=2020-07-13|url=https://www.j-cast.com/2020/07/13390047.html?p=2|page=2|accessdate=2020-07-17}}</ref>。
== 派生事項 ==
; 「ぴえん」のうた
: 素性が謎に包まれたアーティスト・針スピ子の楽曲<ref name=":3" />。 2020年2月21日にYouTubeチャンネル「◯◯のうた/Maru Maru no Uta」で公開され、インターネット上で口コミで広がった<ref name=":3" /><ref name=":8">{{Cite web|title=Z世代にウケる「ぴえんのうた」 制作者が明かすバズりの肝|url=https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00630/|website=日経クロストレンド|accessdate=2021-06-26|language=ja|last=日経クロストレンド}}</ref>。絵文字を背景に童謡風な曲調で「ぴえん」と繰り返す曲は中毒性の高さから話題になり<ref name=":8" />、[[Spotify]]の「バイラルトップ50(日本)」では6月25日から7月1日集計分で5位<ref>{{Cite web|title=針スピ子、中毒性満載の「「ぴえん」のうた」バイラルチャートに突如登場 リスナーとの“距離の近さ”がもたらすヒットの連鎖|url=https://realsound.jp/2020/07/post-580858.html|website=Real Sound|リアルサウンド|accessdate=2020-07-15|language=ja}}</ref>、7月9日から15日集計分で最高位3位にランクインした<ref>{{Cite news|title=Twenty★Twenty「smile」が週間バイラルチャート初登場1位 ジャニーズ75名と櫻井和寿が紡ぎ出した、愛と笑顔の輪|newspaper=Real Sound|date=2020-07-21|author=Z11|url=https://realsound.jp/2020/07/post-588548.html|accessdate=2020-07-21|page=1}}</ref>。動画投稿アプリTikTokでは、楽曲を使った動画投稿が2020年9月24日時点で7万6000件を超える<ref name=":9" />。2021年5月末時点で、YouTubeでは748万回以上視聴されている<ref name=":8" />。ショートバージョンは著作権フリーで公開されている<ref>{{Cite web|title=SNSで話題の「『ぴえん』の歌」は中毒性高し! 「歌ってみた」や「踊ってみた」でも大人気に…|url=https://youpouch.com/2020/07/13/700171/|website=Pouch[ポーチ]|date=2020-07-12|accessdate=2020-07-15|language=ja}}</ref>。
: {{Main|「ぴえん」のうた}}
; PIEN -ぴえん-